スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ドア内張の張替【後編】(96900km)

自分で内装を張り替えてみようと、作業を開始した。
下調べをした際にも、大変な作業であることは分かっていたのだが。
やはり。
実際にやってみると、とんでもなく大変であったのだ(泣)


切り出したパンチングアルカンターラを内装ボードに載せて、シミュレーション さぁ、2日目。
今日は、布を裁つところから。
失敗は許されない^^;

設計どおりに大きめに切り出したら、内装ボードの上に載せて、貼り付けシミュレーション。
大きさは良いようだが、とってもじゃないが、綺麗に貼れないぞ(泣)
皺がよらないようにすることが困難なのだ。

糊をつける前に、よくシミュレーションしておく。

ちなみに、内張りボードから貼り付け部分のボードを剥さないのは、強力に接着されているから(実は2枚重ね構造なのだ。)
容易に剥がれる車の場合は、剥した方が良い。
が、E36型クーペの場合、前後とも剥がれるような構造にはなっておらず、きっちりくっついている。
これを無理やり剥すと、素人には再びしっかりと接着できそうにない。
プロの方も、剥がれない場合には、無理に剥さないそうだ。

一部、マスキングテープを貼ってあるのは、この後、スプレー糊で糊を塗布するため。
(糊が載っては困る部分を新聞紙でしっかりくるむ。この作業で手を抜くと、(泣)を見る)


まずは平面部分が多いBピラーで練習 覚悟を決めて、貼り付け作業に入る^^;
まずは平面が多くて簡単そうなBピラーに貼ってみる。

布を裁ったら、Bピラーのビニールレザーの表面にワイヤーブラシで傷をつける(足付けと言います)。
この作業で、ビニールレザーの保護幕を剥し、糊がしっかりと載るように足場を作ってやるのだ。
この作業も手を抜かないように。
剥がれの原因になる。

写真上に映っているスプレー糊が、今回用いた厚手シート貼り付け用接着剤。
DIY店などで売っている。

糊を塗布するまえに、こちらにもマスキングをしておくこと。


まずは、布地に糊を仮塗りし、その後、本塗りする さて、本当に糊を塗布しよう^^;
#なにせ、すべてが初めてのことばかりで、覚悟が要る(爆)

まずは、布に薄く糊を塗布し、乾かす。
布に糊をいきなり厚く塗布すると、布が吸収してしまい、バリバリになってしまう(泣)
そこで、まずは目止め目的で、軽く糊を塗布し、乾かすのだ。
その後、布と板に糊を塗布し、指に着かない程度まで生乾きまで乾かす。


作業に余裕が無く、写真一切なし^^;

いや、ホント。
皺が無いように貼り付けようとしたら、一気に仕上げなければならない。
時間との戦い。
おまけに、新しい布の表革に糊がくっつかないように作業しなければならない。
しかも、剥がれないように、指で押し付けながら、だ。

パンチングアルカンターラが貼り付けられたBピラー こちら、完成品のBピラー。
思った以上に上手く出来た(と、本人は思っている^^;)

大きめに裁った布は、裏側に織り込んである。
余るところは、切除した。

難しいのは、ピラー下部の足となる部分で。
どうやっても1枚の布で貼ることは出来ない。
仕方ないので、切り継ぐのだが。
どう切り継げば、継ぎ目が目立たないのか、試行錯誤してしまった。

よく乾燥させたら、最後にシートベルト金具がスライドするための穴を切り欠く。


作業に余裕が無く、写真一切なし^^;

今度は、ドアとリヤサイドの内張りを貼る。
要領は同じ...だが、そんな簡単に行かない(泣)

今度は、凹部分に貼り付けるのだ。
凸部分に貼り付けるならばともかくも。
凹部分にしっかり貼り付けるのは難しい。

プロの方からは曲面から貼り付けるように、とのアドバイスを頂いた。
だが、相手はほとんど伸びないアルカンターラ。
しかもパンチングされているために、下手に引っ張ると、見るも無残な有様になってしまう。
皺がよらないように、色々試行錯誤したのだが。
そこは素人の悲しき技術。
どうやっても、布が余ってしまう。

泣く泣く、切り欠いた(プロは1枚で仕上げるのだろう)。
そうすると、今度は継ぎ目の処理が必要。
どこで切り欠くか?
切り欠く場所を間違えると、綺麗に貼るつもりが、まったく貼れやしない(泣)
試行錯誤の連続。
そうこうしているうちに、糊が完全に乾いて、張り付かない(泣)
再びスプレー糊を塗布するのだが、表革に付着しないようにスプレーしなければならない。
もう、大変なことに。

本当に泣きそうになった!

なんとか貼り付けることに成功したら。
今度は乾かして、余分なところを切る。
この切る際にも、織り込む部分の大きさを考慮しながら切り欠く必要がある。
十分計算した上で切り欠いたはずなのだが。
織り込んでいったら、角が足らなくなる寸前の箇所が続出(泣)
なんとか織り込むことに成功したものの。
出来はイマイチ...(泣)

完成した内張りパネル4枚 そんなこんなで、内張り4枚のパネルが完成した。
写真では、綺麗に貼れているように見えるが。
間近で見ると...キャー(> <)

それでも、貼り換える前よりは、ずっといいか^^;

実は、貼り付け開始からここまで完成させるのに、丸2日!
本当は1日で完成させるつもりだったのだが。
結局、ここまで行うのに丸3日かかってしまった。

新品は、プレスマシンで一気に仕上げるのだろう。
10万円を越す価格も納得...orz


今回用いた接着剤達 こちらが、今回用いた接着剤達。
真ん中の2本の缶が、布を貼り付けるのに用いたスプレー糊(銘柄が異なるのは、途中で買い足したために、同じモノを揃えられなかった)。
右端の万能接着剤は、部分的な剥がれに対応するために用いてしまった(> <)
さて。
左の2本だが。
コニシのボンドG17は、良く見かけるゴム系接着剤。
しかしながら、この接着剤ではビニール系のモノを強力に貼り付けることが難しいのだ。
実は、フロントドアパネル裏側の黒い固定プラスチック(ドアポケットを含む)は、ABS樹脂で出来ており、普通の接着剤では、簡単に剥がれてしまうのだ。
そこで、GPクリアーのようなビニール系専用接着剤の登場となる(GPクリアーはABS樹脂もOK)。


各固定部品がしっかりとついたフロントドア内張り さて、今日は4日目^^;
内装パネルを車体に組み戻そう。

まずは、こちら、各固定部品がしっかりと貼りついたフロントドア内張り。

ABS樹脂をしっかりと貼り付けるには、ワイヤーブラシを用いてABS樹脂及び対応する貼り付け面に傷を付け、足付けを行う。
その後、専用の接着剤をABS樹脂側にまんべんなく塗り、一旦、生乾きさせる。
指で触ってもあまりくっつかない程度に生乾きしたら、パネルに貼り付け、しっかりと押さえつける。
5分間程度は押し付けよう。
その後、クリップや重しを用いて、24時間程度乾かす。

そうすれば、今度はしっかりくっついているはずだ。


各固定部品がしっかりとついたリヤサイド内張り 準備が整ったら、ドア内張りを外そう。
こちらは、各固定部品がしっかりと貼りついたリアサイド内張り。
こちらの固定部品は、紙?のような素材で出来てたため、ボンドG17を使用。
足付けと接着剤の生乾き、そして貼り付け時の強力な加圧は、上記と同じ。

ちなみに、これらの固定部品。
パネルに簡易的な固定位置があるだけで、正確な貼り付け位置が分からない^^;
おそらく、製造時には治具で正確な位置が出るのであろう。
仕方がないので、接着の跡を見ながら、位置を調整した。
本当に、車にこのボードが貼りつくのだろうか?不安...


内張りが組み戻されたフロントドア こちらが、内張りパネルを組み戻されたフロントドア。
幸いなことに、各固定部品の貼り付け位置は正しかったようで、きちんとドアに張り付いた。

写真上では、違和感無く見える^^;


内張りが組み戻されたリヤサイド こちらが、内張りパネルを組み戻されたリヤサイド。
幸いなことに、こちらの各固定部品の貼り付け位置は正しかったようで、きちんとリヤサイドに張り付いた。
ふぅ~^^;


内張りが組み戻されたBピラー こちらは、内張りが組み戻されたBピラー。
見た目の違和感、なし?^^;


完成した内張りをリヤシートから見てみる ドアを閉めて。
リヤシートから前に向かって、内張りを見たところ。


完成した内張りを横から見てみる こちらは、ドアを閉めて、横から見たところ。
まずまずの出来?


完成した内張り(運転席まわり) 最後に、運転席まわりの出来具合。
細かい出来には、相当数の問題箇所があるのだが^^;

素人が初めて貼ったにしては、十分な出来か?

この状態が何年保持出来るだろうか?
ちょっと不安が残るのだが、実用に耐える仕上がりだと本人を説得して、4日間の作業を終えた。






スポンサーサイト

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

ドア内張の張替【前編】(96900km)

13年目の車検も無事に済ませた。
これで、再び、公道を2年間走ることができる。

と、思ったら。

あんまりな状態の内装が気になって仕方なくなったのだ^^;

ルーフの内張の時と同じく。
BMW純正部品と交換しようと思ったのだが。
1台分をそろえると、10万円以上の部品代(@@)
ファブリックの部分が酷いだけで、ビニールレザー部分の劣化はほとんど無い。
その上、元に戻るだけで、面白くない。

ふと、思ったのだ。
自分で張り替えてみようと(これが大変なことになるのだ)。


入手した黒パンチングアルカンターラ いろいろ検討した結果、貼りかえる布として、東レ社製の黒パンチングアルカンターラにした。

アルカンターラって何だ?と言う方は。
自動車用エクセーヌ、と言うと分かっていただけるだろうか。

理由は簡単で。
今までの雰囲気を壊したくなかったが、少しシックにしてみたかったのだ(路線変更?w)。

だが、これが。
後で、(泣)を見ることに。


作業前のフロントドア内張りの状態 早速、作業に取り掛かろう。
こちらが、フロントドア内張りの状態。
左右とも、状態に大差なし。

ファブリックの剥がれが酷い(> <)

作業前のリヤサイド内張りの状態 こちらが、リヤサイド内張りの状態。
左右とも、状態に大差なし。

フロント同様、こちらも剥がれが酷い(> <)


作業前のBピラー内張りの状態 ちょっと見難いが。
こちら、Bピラーの内張り。

こちらは、ファブリックが貼ってあるのではなく、ビニールレザーが裏側と一体形成?で出来ている。
そのビニールレザーの表革が溶けてきて、ねちゃつく様になってきたのだ(> <)

車丸ごと買い換えた方が早いんじゃ、ね?
そこ!
それ言わない!^^;


フロントドア内張りを外す前の下準備 早速、フロントドア内張りを外そう。
内張りを外す前に、ドア開放レバーの周囲を進行方向前方にスライドさせ、ノブ裏側にあるネジ隠しを外してT-15サイズのトルクスビットでネジを外す。
運転席側の場合は、ドアミラースイッチの取り外しもお忘れなく。
ツィータの取り外しは、内張りを外してから。

この状態でも、ファブリックの状態の酷さが見える。


フロントドア内張りをウィンドウ側から覗いたところ フロントドア内張りの酷さは、ファブリックに限ったことではなく。
実は、数年前から、内張りを固定している裏側のプラスチック部品が剥がれていた。
おかげで、ウィンドウ側から覗き込むと、この有様^^;

完全に剥がれている^^;
#これでも、ドア内張りはしっかりとくっついていた。

が、ドアを閉める際に、なんとも言えない安い音がするんだよね^^;;;


ばらばらになったドア内張り 準備が整ったら、ドア内張りを外そう。
外す際に、ツィータの配線を外すことをお忘れなく。
きっと、ドアに内張りを固定しているプラスチックの爪(交換可能)が折れるだろうな、と思ったのだが。

ばらばら(- -;;;

ドアポケットやら固定用プラスチック部品が内張りから剥がれ、完全にばらばら状態に。
もう、車丸ごと捨てた方がいいんじゃない?^^;

この時、すでに。
ドアに貼りついているはずの防水シートすら、剥がれている状態。

すべての内張りで同じような状態。完全にばらばら。
いくらリサイクルしやすい様に部品分解が容易な設計と言っても、まだ、リサイクルするつもりが無いんですけど(- -;;;

こうなったら、徹底的に直してやる!


剥がれたファブリックを内張りから剥したところ さて、ここから家屋内での作業。
まずは、古いファブリックを剥す。
と言っても、くっついているところなんて、ありゃしない!(泣)
辛うじて、織り込まれているファブリックの縁のところで固定されている状態。

その織り込まれている部分を引き出すと、ファブリックが簡単に剥がれる。
接着面の状態は、見るも無残。
ファブリック裏側についていたはずのスポンジは、糊に溶けてしまったのか、一切と言っていいほど形も無く。

スポンジの一部が黄色い箇所は、リヤシートサイドに隠れていた部分。
日焼けを免れたのだろう。
が、すでにボロボロ。

この状況も、すべての内張りとも同じ(泣)


残った糊を徹底的に除去 ファブリックを剥したら。
糊を塗布して新しいファブリックを貼れるように、下地を徹底的に綺麗にする必要がある。
塗装と同じで、下地の出来の良さで、仕上がりが決まる。
ココは、手を抜いてはいけない。

だが、相手はベタベタな糊!
そう簡単に剥がれない。
最初は亀の子タワシなどを用いてみたが、綺麗に除去できない。
色々試した結果、使い古しのプラスチックカード(写真は電車回数券)を2枚重ねてスクレパー代わりにするのが、一番効率よく綺麗に除去できた。
2枚重ねが良いのは、剃刀などと同じ原理。プラスチックカードが良いのは、3次元に凹凸がある内張りへ対応が容易な上に、傷をつけない、そして使い捨てにしても惜しくないという、数々のメリットがある。

ちなみに、この手の作業をする際には。
手の汚れに注意してほしい。
汚れた手で触ると、(泣)を見るぞ^^;
(この糊は水溶性のようで、石鹸と歯ブラシで、比較的容易に手を綺麗にすることができる)

下地が綺麗になった内張り 慣れると、1時間程度で内張り1枚の下地を綺麗にできる。
これを4枚。
いや、ホント、大変だ。

内張り屋さんって、ほんと凄い...

綺麗に剥すと、こんな木目調の内張りもアリだな、と思ってしまった^^


剥したファブリックから型紙をつくる さて。下地が完成したら。
今度は剥したファブリックから、型紙を起こそう。

型紙には、何を用いても良いのだが。
GALANT's Cafeは、ちょっと厚手の紙を用いたカレンダを2枚貼り合わせ、型紙にした。
少し厚めの紙で型紙を作ると、取り扱いが楽だ。

写真は、厚紙から切り出したところ。


パンチングアルカンターラの裏面に転写された各パーツ 型紙が出来上がったら、パンチングアルカンターラの裏面に並べて転写する。
この際、よく考えるべきことは、向き。
アルカンターラのような起毛な布には、向きがあって。
向きをそろえた上で貼り付けないと、出来上がった際の色合いが異なってしまう。
さらに、裏側に転写しているので、型紙の表裏を間違えないこと。
ここは、出来上がり具合をよく考えた上で、転写しよう。
転写した型が二重線になっているのは、より大きめに切り出すため。
大きい分には、後からなんとでもなるが。
小さく切り出すと、もう、どうしようもない(泣)

さらに難しいのは。
3次面に貼り付ける際の位置決めが難しい上に、アルカンターラはほとんど伸びないのだ!(これが後々泣かされる)
それ故に、大きめに切り出した方が良い。

サイズを計算した上でアルカンターラを発注したので、ぴったりだ。
幅141cm、長さ100cmから、ドア2枚、リヤサイド2枚、Bピラー2枚が取れる。


ちなみに。
ここまで仕上げるのに、丸1日を要した(計画通り)。




テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

ルーフ内張交換(91450km)

昨年夏から剥がれだした、ルーフ内張。
接着剤等でごまかし^^;てみたのだが、それ以外のところも崩壊し始め、交換を余儀なくされる状況に(泣)


助手席上部の剥がれが著しい


別角度から

ドア等の内張は、すべて剥がれてきているが、生活に実害はない。
しかしながら、ルーフ内張ともなると、頭上に垂れてくる。
だがこの状況では、接着剤で補修は厳しい(- -;
このマシンには、まだまだ乗るつもりであるから、交換するか...

 
送られてきた箱|その中身(裏側)

さすがに、こんなに大きな物(サイズは、高さ160cm×幅130cm程度)。
ドイツから並行輸入したのでは、送料が高くついて仕方がない。しかも、昨今のユーロ高。
ディーラで頼むと、お持ち帰りが困難。
isなんぞには、絶対載らない^^;

こういう時は、国内の外車部品商に頼むが吉。
若干の割引もあって、送料込みでもディーラ市販価格と同一だ。
ちなみに、軽ワンボックスカーで持ってきた。

箱から出すと、グラスファイバーの裏地に布が張られた一枚ものが入っているだけ。
重量も4kg未満。箱の方が重いぐらいだ。


フロント部分を全分解


サイド部分も全分解

部品が届けば、交換するのみ!
早速、ばらしにかかろう。

フロント部分には、サンバイザやルームランプ類が装着されている。
ネジ止めされているだけなので、ケーブルを切断しない様注意しながら、どんどん分解していく。

次に、サイド部分を分解する。
まずは、A,B,Cピラーを分解。
AとCピラー部分はルーフ側から手前に引くのみ。
Bピラー部分は、シートベルトを外す必要がある。

次に、ドア及びリヤサイドウィンドウ上部のラバーモールの一部をボディよりはがす。
押し込まれているだけに過ぎないので、手で丁寧に引き剥がそう。

最後に、ルーフに装着されている手摺を外す。
カバーでネジが隠されているので、カバーを外し、ネジを抜くだけで外れる。


外れたルーフ内張

後は、リヤウィンドウ側にルーフ内張を引くと、ずどん!と落ちてくる。
落ちてきたルーフ内張で頭を打ったのは、おやくそく(- -;

ま、軽いものなので、ドリフのコント(古っ!)に出てきた落ちてくる金ダライや滝のような水に比べれば、かわいいものなのだが^^;


ルーフ裏側(前部)


ルーフ裏側(後部)

GALANT's Cafe号にはサンルーフは装着されていないため、一枚ものの鉄板がルーフとして装着されているだけである。
その鉄板裏には、断熱材が張られている。
ちなみに配線は、前部にしか存在しなかった。


ルーフ内張、新(左)旧(右)比較

ルーフ内張を、車内から取り出す。
狭い室内、そう大きくはない間口。
シフトレバー等を上手に交わしながら、助手席側ドアから引き出すのが吉。

新旧ルーフ内張を比較すると、やはり旧品に汚れが目立ち且つ、皺がよっている。

実は、この時には気が付いていなかったのだが。
型番を指定して購入したにも関わらず、届けられた新品には、サンバイザ裏にあるバニティミラー用照明ランプの取り付け穴が開いていなかったのだ(新品○部分)。

これを知らず...


さぁ、新品取り付けだ!と思ったものの...

傷つけないように、新品ルーフ内張を車内に持ち込み、仮止めしかけたその途上。
サンバイザ裏にあるバニティミラー用照明ランプの取り付け穴が開いていないことに気が付く(泣)

泣く泣く、車内からルーフ内張を取り出し、旧品を重ね合わせて、取り付け穴を決定。
カッターナイフで丁寧に切り取る...若干、大きくなってしまった(泣)
#幸いかな、横方向にガタが生じた程度で済んだ。

穴を開けたら、車内に戻して、本設置を開始...

と行きたいところなのだが。

実は。
ここからが、大変で!

ルーフ内側に固定される代物だから、下から大きなルーフ内張を支えながら正確な位置を決めなきゃならない。
大きい代物だけに、正確な位置を決めるのに一苦労(ルーフと並行にずれているならばまだしも、微妙に斜めにずれる)。

この位置決めが正しく行われないと、他の部品が付かない。
その微細な位置調整が大変。

リヤウィンドウ上辺間際に、ルーフ内張固定用の一枚鉄板が出ているのだが。
ここに、きちんとルーフ内張を差し込むことが難しいのだ。
いや、助手がおれば、簡単だったのかもしれないが...
GALANT's Cafeは、フロントシート2脚のヘッドレストを支えにしながら、位置調整を繰り返し、何とか正しい位置を出した。

いやぁ、自動車生産ラインで組みつけている方って、凄い!

その間、写真撮影している余裕なし(泣)




取り付けられた新品ルーフ内張

位置が決まると、内装品を組み戻していくだけだ。
これは、さほど難しいことではないが、内装をきちんとはめ戻すことが意外に難しいかもしれない(それなりには止まるのだが)。

厄介なのは、サイドのラバーモール。
このモール、実は2つの部品から成り立っているので、ラバーモールをボディに装着した後、2つのラバーの上下関係を直す必要がある。
この作業。狭い場所かつガラスに阻まれることもあって、結構大変。
しかしながら、ココをきちんとしなければ、水が浸入してくる可能性が高くなってしまう。

きちんと組み戻せば、ほら、ごらんの通りだ。


グラスファイバに貼られたウレタン


実はファブリックの裏側にスポンジが

さて。
ここからが、GALANT's Cafeの真骨頂。

旧品は、何故、崩壊したのか?

剥がれたファブリック(布)部分を剥いでみると。

ベースとなるグラスファイバの上に、ウレタン樹脂があって。
この部分はしっかりしている。問題ない。

しかしながら!
一枚布のように見えたファブリック。
実は、この間にスポンジが入っているのですが...


経年劣化で崩壊したファブリック裏のスポンジ

このスポンジが、経年劣化でボロボロ。
自然崩壊してしまい、ファブリックが剥がれるという状態に。

原因は、熱で劣化が進み、自然崩壊してしまったのだと思われますが。
...採用した材質が悪いと思うんだな(- -#

ま。 10年以上も耐えたわけですから、良しとする?
#ちょっと合点が行かないGALANT's Cafeなのであった。





テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。