スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




リアアクスル(デフキャリア)ブッシュのリジット化(75000km)

一度のサーキット走行で、大幅に狂ってしまったリヤトー。
この原因はどこにあるのか?
いろいろな原因が考えられるのだが、リヤに荷重を置きトラクションがかかるように走行したために、トレーリングブッシュの変形とかリアアクスル(デフキャリア)のブッシュの変形とか。
ん~これでは、対策をとらないと、再び同じ現象が発生するかも。
リヤトーは、直進性や旋回時の安定性に、大きく影響する。
まずは、このあたりを対策してみるか?
しかし、これらの部品単価は安いのだが、総分解作業になるため、工賃が高い!
そのため、手を出せずにいたのだが...

いいタイミングで、深澤自動車モデファイさんが、いいキット?【RAT】を出してくれた!
しかも、なかなかいい価格!

何も言わずに飛びついたのは、内緒(だれに?)(^^;
#しかし、怪しげなエレクトロニックパーツとか流行モノには見向きもしないのに、こんなものにはすぐ手を出すとこが...GALANT's Cafeらしい?!(^^;;;


リアアクスル(デフキャリア)ブッシュのリジット化キット これが、今回準備していただいた【RAT】を構成する部品の一部です。
アクスルキャリアをボディへ固定するために、長い4本のボルトがアクスルキャリアを貫通します。
このボルトが貫通する部分の上下にゴムブッシュが入っています。
アクスルキャリアは、リヤサスアームの支点でもあるため、強力な横Gで押され、このゴムブッシュが変形し、アライメントが狂ってしまう要因となります。
ということで、このゴムブッシュを金属製のものに置き換えれば、完璧なリジット化が図れます。
が、工賃が高い、強化しすぎてボディやアクスルキャリアが割れるなどの弊害が生じます。

そこで考えた、ブッシュの変形を最小限にする補強材=カラー。
先ほどのゴムブッシュの上下に追加し、ゴムブッシュの変形を最小限にしようというパーツです。
各社から出ていますが、従来のものはリング状になっており、ボルトを外さなければ挿入できません。
では、外せばいいではないか?と思われるでしょうが、この4本ボルトのうち、2本はスタッドボルト(エンジンヘッドなどによく使われる、頭の無いネジ)のため挿入できず、アクスルキャリアをボディから下ろす必要(=工賃増加)がありました。

で、私はこれを、「2つに割って、挿入すれば問題ないじゃん?」って、前から思っていました。
そうしたら、深澤自動車モデファイの金太郎さんが、本当に作って製品化してました(@@)

もう一つの主役 E46M3CSL用トレーリングアームのブッシュ こちらは、トレーリングアームのブッシュです。
E46M3CSL用で、ラバーが硬いとか(アライメント屋のおじさんは「これ、柔らかい!」って言ってた)。

ここ掘れわんわん?! さて、作業開始です。
私も、これぐらいのガレージジャッキが欲しいです(; ;)
#これは便利なもので、エアでリフトできるタイプです。


今回の作業者も、男前の「なおさん(小野沢 直樹さん)」 取り付けには、引き続き、深澤自動車モデファイのなおさん(小野沢 直樹さん)が、取り付けてくださいました。
早速、リアアクスルのボルトを抜いていきます。


深澤モデファイのゴッドも登場(金太郎さん) 深澤モデファイのゴッド、金太郎さんも登場です。


ゴッドハンドパワー(油圧プレス)も登場 ここで、問題発生。
リアアクスルを固定している4本のボルトのうち、2本を外し、2本のスタッドボルトにくっついているナットも外したのに、リアアクスルキャリアがちっとも下りてきません。
金太郎さんのハンドパワーでいろいろやっていただきましたが、ダメ(; ;)
となれば、最終兵器の油圧プレスで、強制的にずらそうとしているところです。


なんとかなったリアアクスルのスタッドボルト と、いろいろやっていただいたのですが、ちっとも動かない...あれ?
なんと!スタッドボルトの1本、ナットが固着して、スタッドボルトが緩んでしまったそうな!
いつもいつも、いろんな方々のお手数をおかけします。m(_ _)m
犬は飼い主に似るといいますが、車もオーナに似るのかなぁ?ん?(^^;;;;;

最終的には、金太郎さんのハンドパワーで、問題を切り抜けました(^^)v


リアアクスル上部ブッシュに挟み込んだカラー ということで、リアアクスル上部ブッシュに挟み込んだカラーがこちら(ボルトを締める前)です。


リアアクスル下部ブッシュに挟み込んだカラー こちらが、リアアクスル下部ブッシュに挟み込んだカラー(ボルトを締める前)です。


トレーリングアーム付け根の取り外し 無事に、リアアクスル側のカラーは装着できたので、トレーリングアームのブッシュ交換に着手です。
まずは、ボディよりトレーリングアーム付け根を取り外します。


付け根が取り外されたトレーリングアーム(車上) こちらが、付け根が取り外されたトレーリングアーム(車上)です。

で、まともにやると、トレーリングアームを車から外して、油圧プレスで古いブッシュを抜いて、油圧プレスで新しいブッシュを挿入することになります。
が、これでは、工程数が増加し、工賃の増加を招いてしまいます。
そこで、車上で交換できるSST(特殊作業用工具)を自作され、工賃をおさえるように工夫されたのが、金太郎さんの技なのです。


抜き取られたトレーリングアームのブッシュと新品 こちらが、取り外されたブッシュ。
作業風景は...金太郎さんに敬意を払って、ひみつ!
#いや、私の想像どおりだったのですが。自作された工具は、金太郎さんに作業を委ねた方だけの秘密ということで(^^;


さて、またまた、いつものやまざかみちを走って(某自動車評論家風に(爆))インプレッションです。
やっぱり、わからない。本当に違いが分からない(泣)(俺は違いがわからない、大人でない人間なのかー!(泣))
こちらも、深澤自動車モデファイの社長兼テストドライバーである金太郎さんと、装着前から話していたことだったんですが。
まず、ノーマルの脚やタイヤで、このパーツの効果がわかる人は少ないでしょう。
硬い脚や、扁平率の低いタイヤ(=硬いタイヤ)を装着して、サーキットのようなハイグリップの路面を旋回するときに、効果をはっきりと感じることが出来るのではないでしょうか?
ですが、荒れた路面や轍が酷い路面での車線変更時には、以前よりもしっかり感が増しました。
一般道では、ま、こんなもんでしょう。





スポンサーサイト

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

Z3 1.9Lのシフトレバー流用によるショートシフト化

iS純正シフトレバーは、ストロークが長いように思います。
おかげで、5速など、手が長い(でも足は短い(泣))私でも遠く感じる。
ずっと乗りつづけてきましたが、Z3 1.9Lのシフトレバーを流用して、ショートシフト化してみました。
ドイツから直輸入で購入したので、全パーツを含めて5000円程度(送料含まず)でした。


9年間近く使い込まれた純正シフトノブ こちら、8年と半年ほど使い込まれた純正シフトノブとレバー。
ボロくなって磨り減って、いい味出してます。


レバーからシフトノブの取り外し BMWの場合、シフトノブは、まっすぐ引き抜きます。
決して、国産車のようにねじってはいけません。内部が破断して、固定できなくなってしまいます。
力ずくで引き抜くのですが、抜けたノブで額を打ったのは、お約束です。(; ;)


抜けたシフトノブ 抜けたシフトノブです。
レバーの上部には切り込みがあり、ノブ内部にプラスチックで出来た爪があります。



シフトブーツと吸音材?の取り外し ノブが抜けたところで、シフトブーツを取ります。
コンソールにプラスチックの爪4つで固定されているだけですので、折らないように気をつけて外します。爪が外れたら、レバーから抜くだけ。
すると、コンソール内部、レバー周りに、ウレタンの吸音材?がありますから、これも取り去りましょう。


ダストブーツの取り外し 最後にダストブーツを取り外します。
1枚(2重?)のゴムがフロアにくっついているだけなので、丁寧にはがしましょう。
はがすと、室内から地面が見えます。
1枚向こうは路面(当然か)


丸裸にされたシフトレバー 障害物?がすべて取り去られたシフトレバー。
2本のロッドで、ギヤを切り替えています。
1本は、シフトレバーの支点部分にあるボール部分と接続されており、もう1本は、シフトレバー下部に接続されています。


BEARINGの取り外し さぁ、シフトレバーを取り外す最後の作業です。
レバーとロッドに固定しているBEARING(写真の白いリング)を外すと、シフトレバーがロッドから抜けるようになります。
本来ならばSSTを使って時計回りにまわすと、簡単に抜けるようですが、無論、そんなものはありません(^^;
なので、マイナスドライバーでまわすっ!


レバーからロッドを取り外す こちらは、シフトレバー下部のロッドを取り外したところです。
この作業は、車の下へ潜って作業する必要があります。
プロペラシャフトがありますので、ちょっと見にくいかな?
CIRCLIPで止まっているだけですので、取り外すと、簡単に引き抜けます。
磨耗防止のためと思われるプラスチックの薄いスペーサが入っていますので、なくさないように。
と言っても、安いので、最初から新品を用意しておくといいでしょう。


抜けたシフトレバー 上記の白いBEARINGをロッドから抜き、シフトレバー下部のロッドを取り外すと、シフトレバーが単体で抜けます。
ごぼうを引っこ抜いた感じ?


取り外したiS純正シフトレバーとZ3シフトレバー 上が取り外したiS純正シフトレバー、下がZ3シフトレバーです。
ボール部分を中心に見ると、ノブ側の長さは変わりませんが、ロッド側の長さが大きく違うことがお分かりでしょうか?折り曲がった角度も、微妙に異なります。
これで、ショートシフト化できるのです。
まぁ、ニュートラルの位置や、レバー操作が重くなる欠点がありますが、そんなに問題にはならないでしょう。


Z3シフトレバーの取り付け Z3シフトレバーのボール部分にグリースを塗り、新しいBEARINGを装着したら、ロッドに差し込むだけです。
これで、きちんとはまります。
無論、シフトレバー下部のロッドも接続することをお忘れなく。


ダストブーツ装着 ロッド類の装着に問題がないか確認をして、シフト操作してみましょう。
問題がなければ、ダストブーツをきちんと戻しましょう。
いいかげんにやると、下から水が浸入してしまいます。
レバーには、部品管理伝票を貼りっぱなしにしておきました。
隠された真実です。(爆)
内装を元に戻せは、センターコンソール近辺は完了です。


完成 シフトブーツの装着、ノブの装着を済ませたら、完成です。
写真の位置は、ニュートラルの位置。
ボール部分より上の長さが変わらないので、室内側では、分かり難いですね。
しかし、操作してみると、適度なショートシフト化されたことがわかります。
ニュートラルの位置が、以前より若干奥に行ったため、体感で、R,1,3,5速には、ちょっと動かすだけで入る感じがします。
逆に2,4速には、同じぐらい動かさないと入らない感じです。
#本当は、同じ距離動いています。それも、以前よりも、移動量が小さくなっています。

予想以上だったのは、横の動き量が小さくなったこと。
おかげで、遠かった5速が入りやすくなりました。
レバーの操作は、若干重くなった感じですが、問題ないでしょう。






テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

Z3-1.9用シフトレバーへの換装

2004.3.28 交換作業の詳細を追記しました。



(上)iS標準シフトレバー|(下)Z3-1.9シフトレバー

以前から計画していた、ショートシフト化。
ストロークが長く、前後だけでなく、左右にも大きく動くため、私のポジションでは、5速に入れ難かった。
ここE30やE36は、最近のBMWのシフトレバーがすべて流用できるようだ。
#まれに、長さの関係で、干渉するおそれがあるようなので注意!

以前、Z3-2.2のMT車に試乗した時、シフトのストロークがちょうど良かった。同じミッションではないので、そのまま同じように再現できるとは限らないが、今までよりストロークが短くなるのだろう。
インターネットの世界をさまよっていたら、世の中、同じようなことを考える人はいるものだ!
e36_replace_a_shift_leverに、代表的なBMW純正シフトレバーのレバー比(支点から両エンドまでの長さの比)の一覧表があるではないか!素晴らしい!

この表と私の今までの経験から、M3C(E36M3の後期)を流用すると、あまりショートシフトに感じられなかった。だからといって、Z3-Mでは極端にショートシフト過ぎ。
となると...やはりZ3-1.9か!
計算してみた限りでは、ちょうどいいストロークが得られそうだ。
ちなみにBMWのシフトレバーには、くの字状のものと、まっすぐのものがある。
これを間違うと、あまりにもニュートラルの位置が変わってしまう。
iSの場合、くの字に曲がっている。ということは...Z3-1.9用で問題なさそう。

早速、注文。
届いたので、装着。
むふふ...である。





テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。