スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




15年目の車検受検(111800km)

普通乗用車の場合、初回を除くと、2年ごとに受検する車検。
GALANT’s Cafe号の場合、ついに15年目の車検を迎えた。

不安箇所が無い(この時の不安は、経年劣化による、液体漏れやダストブーツ破れだったのだ!)訳ではないのだが。
とりあえず。
日頃のメンテからして、大きな問題はなかろうと。

ただ、一点。

HIDバーナの寿命が尽きたために交換した手持ちの品が、先日も修正を加えたものの、相変わらず動作不安定。
冷間時は良いのだが、OFF、ONを繰り返す再点灯では、ものの見事に不点灯(泣)

これでは危ないので、今回はハロゲン電球に戻して受検することにした。

今回は東京に引っ越して来てからの初受検。
管轄的には多摩陸運局になるのだが、自宅からは練馬陸運局の方が近いくらい。
練馬陸運局近辺の方がテスター屋さんも多いらしいので、練馬陸運局に行くことに。
事前予約しておいた。

前日までに、整備記録簿等の準備できる書類は用意しておく。
特に、管轄局以外で受検する場合には、自動車重量税の納付証明書を忘れないこと。
管轄局ならば、その場で発行できるらしいのだが。

当日。

まずは、ヘッドライトの光軸を合わせてもらうために、練馬陸運局そばのテスター屋ミヨシタイヤへ行く。
ここは、非常に良心的で。
ヘッドライトの光軸調整が600円!
ヘッドライト、サイドスリップ、ブレーキ、スピードメータの4点でも、1,600円!
しかも!万が一、ヘッドライトの光軸テストで落ちた場合。当日中ならば、再調整してくれるというサービスの良さ!
(実は、今回の車検受検。これが後々助かった!)

飛び込んだのだが。
嫌な顔せず、さっ!と受け付けてくれ、きちんと調整してくれた。
大幅な狂いはないようだが、やはり、ズレは生じていたとのこと。
「練馬陸運局は初めてなんだけど...」と言うと、アドバイスをくれ、「この車なら、なんら、問題ないだろう」とまで言ってくれた。
自賠責に加入することもできるので、ここで加入。
準備よし!

早速、練馬陸運局へ。

練馬陸運局は初めてなので、まずは下見。
少しずつではあるが、2年前とは様々なところが変わっている(これが後々問題となる(泣))。
が、基本は同じ。

受検に必要な用紙一式を買い、受検に必要な印紙を購入。
その後、受検受付窓口にて受付。
さあ、ラインへ並ぼう。
今回も、マルチテスタータイプで受験。楽なんだよね。

順番を待って、さぁ、GALANT’s Cafeの番。
「ユーザ車検です。よろしくお願いします」と一言述べてから受検。ライト、ワイパー等々...淡々と済ませていく...はずだった(泣)

検査官から「この車、車高が低いですね。最低地上高を計測させていただきます。」
え?え?えっ?!今まで、そんなことを言われたことはなかったぞ(@@)
2年前に神戸陸運局で受検し、なんの問題もなく合格した際と、なんら仕様変更をしていない。

専用メジャーで、計測が始まる。
まぁ、下回りを覗かれること覗かれること(泣)
あっちこっち測られたその結果は...

「この車、最低地上高が1㎝足りません。」(- -)
な、なんですとっ!(@@)

見た目には、最低地上高9㎝以上という規則に対して、十二分な高さがあるはず。
の、だが。
実は、後付けしたBMW純正部品であるフロントロアクロスメンバの出っ張り部分が、地上高8㎝しかなかったのだ!(泣)
検査官曰く、「アンダーカバー等のプラスチック部品は構造体と見なされないので無視されますが、金属製のボルト止めされた物体は構造体と見なされます。」とのこと。

最低地上高が不足する場合。
テスターに乗り上げる心配があるため、受検中止!
友人・知人の車を含め、20回ほど車検受検をこなしてきたGALANT’s Cafe、始まって以来の初の不合格!(大泣)

最近は。
ロクな整備もせずに、再受験を繰り返す輩が多いものだから。
1日あたりの再受験回数は3回、と決められている。
さぁ、どうする?

車高の不足は、幸いにして1㎝。しかもフロントサスペンションに近い部分。
フロントサスペンションを2㎝ほど上げるしかない。
GALANT’s Cafe号は、車高調整式サスペンションを装着している。
検査ラインを出たはずれにて、車載ジャッキでタイヤを外し、専用レンチでリングナットをグリグリ回し、ストラットネジ部分にて2㎝上げる。
(注)このような作業をする場合、車載ジャッキで作業してはならない!が、今回は緊急であったため、外したタイヤを車体の下に置き安全を確保、その上で慎重に作業したのだ。

さぁ、フロントの車高が上がった。
車に乗り込むと、なんか違う雰囲気^^;
これで再受験...待て!待て!待て!
車高が変わったら、光軸が狂っちゃうじゃん!

あわてて、テスター屋のミヨシタイヤに行く。
事情を話すと、「あぁ、いいよ^^」と即調整。お金払います(GALANT’s Cafeの都合で不具合が生じたのだから)と言ったのだが、受け取ってくれなかった(感謝で(泣))
テスター屋の親父曰く、「若い奴に見てもらったんだろ?若い奴は、細かいことにうるせーんだよ」
まぁ、向こうも仕事ですから^^;
(フロント2㎝上げただけですが、光軸はズレていました。親父曰く、「そのままでもギリギリ通るかもしれないが、危険なレベル」とのこと。ちなみに、問題の最低地上高は、9.5㎝になりました。)

再び陸運局へ戻ろうにも、午前の部、終了。
止むを得ない、午後の部だ。

午後の部、開始。
今度こそは...と並ぶ。
車高は問題ないはずだ!
最低地上高不足で不合格のため、再び、念入りな計測が施される。
散々計測されたが...今度は合格。よし!^^v

...と、思うのは、甘かったorz

検査官曰く。「タイヤがはみ出しているように見えるので、計測します。」
えーーっ!なんですと!今度はタイヤのはみ出し?!(@@)
繰り返すが、2年前の神戸陸運局では、なんら問題なかった仕様のまま!

計測開始。
タイヤのはみ出し判定は、タイヤの中心からフェンダへ垂線を伸ばし、前進方向30度、後退方向50度の位置にあるフェンダアーチから垂線を下した際にタイヤに触れないこと、が基準。

検査官はリヤが危ういと推定したのだが。
リヤは、ギリギリ合格!(ほっ)
しかしながら。
「フロントタイヤは、前進方向30度の位置にて、5㎜はみ出しています。不合格です。」
(大泣)

なんということだ!
計算上でははみ出さないはずだったのに。
純正よりも1㎝太いタイヤ(でもオプションサイズよりは1㎝細い)、純正よりも12㎜外側に出ているオフセット、その上、サイドウォールが厚いNeova AD07。さらに、先ほど上げた車高のせいで、トーが前開きになってしまったようだ。

とりあえず、検査続行。

今回は、マルチテスターでは受検できず。初の旧型テスターにて。
不慣れな上に、先ほどの動揺が^^;

それでも卒なくこなしていくが...なんと、スピードメータが×!(大泣)
2回行うも、×!
なんてこった!

不安の付きまとう下回り検査。
こちらは...なんの問題もなかった。

総合判定は...言うまでもなく不合格。
しかしながら。
スピードメータは合格。どういうこと?

実は、判定基準が変わったらしく。
2007年1月1日以降に製造された車は、実測40㎞/hに対し、-22.5% ~ +6%の表示を示さなければならない。
これ以前の規定は、実測40㎞/hに対し、-15% ~ +10%だった。

GALANT’s Cafe号の場合。
メータ読み40㎞/hに対し、実測43㎞/h。
つまり、新規定の最大42.4㎞/hに対しては不合格、旧規定の最大44㎞/hに対しては合格。
無論、1995年式のGALANT’s Cafe号の場合、旧規定が適用されるため、合格、という判定だったのだ。

しかしながら。
フロントのタイヤはみ出しが、合格になったわけではない。
検査官からは、「オーバフェンダを付けるように。しかしながら、全幅が2㎝以上の変更が生じた際には、構造変更の手続きが必要。」との指導が。

オーバフェンダなんか付けたくない。
まだまだ使えるタイヤを変えたくないし。
でも、早くなんとかしないと、車検の有効期限が切れてしまう。
さぁ、どうする?

GALANT’s Cafeは、ここで博打に出ることにした。
幅が細いタイヤ...そう、純正ホイールと純正サイズのタイヤを履かせれば良いのだ。
そんな手持ちタイヤはあるのか?...あるんだな、これが。スタッドレスタイヤなんだけど^^;

車検は、スタッドレスタイヤで受検しても、なんら問題ない(現に、初代GALANT’s Cafeは2月車検であったので、スタッドレスタイヤで受検していた)。
検査官にも確認したが、標準よりも細いタイヤは不可だが、同サイズはOKとのこと。

問題は...2つ。
1つは、本日の受検は16時まで。今は既に13:45。自宅に戻り、タイヤを履き替え、再び戻ってくると、ギリギリ間に合うか?

さらに、もっと厄介な問題。
それは、純正ホイールと純正サイズのタイヤを履くことができるのか?ということ。

純正ホイールに純正サイズのタイヤなんだから、なんら問題ないだろっ!と思うのは、甘い。
実は、換装している車高調整式サスペンションであるE36用Bilstein BPSは、ダンパー径がノーマルよりもはるかに太く、タイヤと干渉する例が多々あるのだ!
そのために、GALANT’s Cafeも、BPSに換装してからと言うもの、純正ホイールに純正サイズのスタッドレスタイヤを履かせたことが無かったのだ!

干渉しないことを祈って、タイヤ履き替えの賭けに打って出ることにした。

こういう時こそ、慎重な運転で。
安全に帰宅するや否や、即、タイヤ交換開始!
真夏だと言うのに、スタッドレスタイヤに履き替えとは...

ジャッキで車を持ち上げたまま、組み込んだ純正ホイールと純正サイズのスタッドレスを回してみる。...干渉していないようだ。
もう片側も試す。...干渉していないようだ。
地面に下して、車を手で押してみる。...干渉は無いようだ。
よし、行くぞ!


見よ!このクリアランスの狭さ!

後日、デジカメで撮影し確認したが、タイヤとリングナットのクリアランスは5㎜も無い^^;
干渉する、と言われていたのが干渉しなかったのは、おそらく、このスタッドレスタイヤがミシュラン製であったこと だろう。

GALANT’s Cafeの経験でも、ミシュラン製のタイヤのサイドウォールは垂直に立ち気味で膨らみが少ない。これが幸いしたのだ。

前2本は交換できた。が、時間が危うい。道だって混んでしまうかもしれぬ。
取り急ぎ、前2本を交換した状態でGo! 前後のタイヤ種類が異なることがダメならば、現地でリヤを交換するつもりで、2本持参する。

再び慎重な運転をして...無事に練馬陸運局へ到着。その時刻15:30過ぎ。
間に合った!

検査官に事情を説明したところ、ラインに入れ、との指示。
やはり、前後タイヤの種別が異なることは問題ならなかった。

先ほどの不具合は、フロントタイヤが5㎜はみ出していること。
これに対しては...さすがに、純正ホイール+純正サイズのタイヤ。今回は、なんら問題なし。
ついに、無事合格!

事務処理を済ませて、新車検証を受け取る。
再び、2年間公道を走行できるようになった。

こうして、長い長い15年目の車検受検は幕を閉じたのであった。

P.S.街乗り程度ならば。フロント205/60R15インチのスタッドレスタイヤ(しかもフロント車高2㎝高)、リヤ215/45R17のハイグリップラジアルでも、難なく綺麗に曲がれるものだ。
特に、オーバステア、アンダーステアは感じなかった。
転がり抵抗が大幅に減ったのが、印象的でしたね^^





スポンサーサイト

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

エアコンにWAKO's パワーエアコン(PAC)を添加(96900km)

この作業は、エアコンシステムが正常であることが前提です。作動不良の場合は、素直に修理しましょう!

13年目の車検も、無事に済ませたGALANT's Cafe号。
再び公道を走る権利を得たが、どうせ走るならば、もっと快適に走りたい(ボロ車だと言うのに^^;)。

毎夏思うのだが。
E36のエアコンの効きはイマイチ。特に、渋滞にはまると(E36オーナの皆さん、そう思いません? 原因の一つとして、ラジエタ前にある放熱用コンデンサに風を送る冷却ファンの能力が不足(ファン1機しかないし^^;)しているのだと思います。走行すると冷えが改善するので)。
そして。
エアコンコンプレッサの動作負荷が大きい!
isの場合、高回転重視の小排気量エンジンなものだから低速トルクが小さいために、余計に走り(特に発進・加速)の悪さを体感する。
なんとかならないものか、と思い続けていた(オーバヒートしないだけマシだけど^^;)。

そんな折。
GALANT's Cafeの昔の友人が、WAKO's パワーエアコン(PAC)が良い、と教えてくれた。
彼いわく、新冷媒(フロンガス)R134aを用いたエアコンシステムは、ガスに含まれるオイルの潤滑性能が良くない上に、冷媒ガスの加圧圧力が高いために、コンプレッサの駆動抵抗が大きいらしい。
確かに、前車GALANT(排気量2LのNAエンジン、R12ガス仕様)と比較しても、無視できないほど駆動抵抗を感じるのだ。
ちなみに、WAKO's パワーエアコン(PAC)はR134a専用の添加剤である。
25g程度の追加用R134aガスとオイル添加剤が含まれているようだ。

今年こそは試してやろう、そう思っていた。
が、どこで、作業を引き受けてくれるか、分からない(正確には、WAKO's パワーエアコン(PAC)を安価で添加してくれる店が分からない)。
と思ったら、神戸にあるBMWの専門有名ショップで取り扱っていることが判明。しかも値段も適価。

だが、しかし!
GALANT's Cafeには、この類の店が苦手なのだ。
行ったこともないので、なんら問題を感じたこともないのだが、喰わず嫌いなのだ!(- -;

別の店を探すか...と思ったら、なんと良いものが。
WAKO's パワーエアコン(PAC)+DIYチャージホースセット(爆)



WAKO's パワーエアコン(PAC)+DIYチャージホースセット


添加中

しかもお値段、送料込みで4200円程度。
これは買うしかないでしょう^^
#工賃入れても、任せた方が安いのでは? えーぃ、五月蝿いw

いや、エアコン屋さんをしてみたかったんだよね。プシュ~って^^

なんと親切なキットで、丁寧な作業マニュアルが付いてきた。
送られてきたチャージホースは、コネクタが樹脂で出来た使い捨てに近いものだが、DIYで作業するぐらいなら、なんら問題ないだろう。
但し、エアコンはコンプレッサが作動する高圧ガス取り扱い装置だ。エアコンの基本構造と作動の原理原則を理解していない方には、DIY作業をお勧めできない(危険)。

作業は、要所さえ押さえれば、非常に簡単なもの。

まずは、コンプレッサに繋がった2本の配管のうち、低圧側を探す。
低圧側の探し方はいろいろあるが、コンプレッサの高圧側はラジエタ前のコンデンサ(放熱器)に繋がっているので、残りの配管が低圧側だ。
E36の場合、低圧側の配管はバルクヘッドからコンプレッサに伸びており、バルクヘッド傍に注入口がある。

次に、ガス缶とチャージホースを繋ぐ。
チャージホースを缶に繋ぐ際、ホースのダイアルを回して、缶に刺さる針(接続すると、針は外から見えない)が出ていないことを確認すること!
ここでは、缶をホースに軽くねじ込むだけで良い。

この状態で、ホースをエアコンシステムの低圧側に接続する(絶対、高圧側に接続しないこと!)。
接続したら、エンジンを始動しエアコンシステムを全開。
この状態で、先ほど繋いだ缶とホースを一旦緩め、ホースからエアを抜く(エアパージと言います。エアコンシステムに空気を吸わせない(空気中の水分がトラブルの元だから)ために、エアコンシステムのフロンガスでホース内の空気を押し出すのです)。
緩めるのは、ほんの僅かな時間でOK。あまりやると、エアコンシステムのフロンガスが抜けてしまう。
この際に、プシュ~というエアが抜ける音がする。

次に、缶をホースにしっかりねじ込んだら、今度は先ほど回したホースのダイアルを回して、針を缶に刺す。
この際には、目一杯、缶に針を刺してよい。
但し、持ち方を注意しないと、ダイアルを回す勢いで、缶がホースから緩み、ガスが漏れる恐れがある。

最後に、ホースのダイアルをゆっくり戻し、缶から針を抜いてゆく。
抜くと同時に、ガスが缶から放出され、エアコンシステムに吸引される。

この際、缶をひっくり返すかひっくり返さないか、だが。
ガスのみのチャージの場合、極力、ひっくり返さない方がよいと思う。
いきなり液化したフロンガスをコンプレッサに吸引させると、液体を加圧しようとしたコンプレッサが壊れる恐れがある。
今回のようなオイル添加の場合、液化したオイルをコンプレッサに吸引させると、同様に壊れる恐れがある。

だが、しかし。
正立させると、ガスだけが吸引され、オイルが吸引できない可能性が高い。
そこで、止むを得ず、倒立(写真のようにひっくり返す)させながら、ゆっくりとダイアルを回して針を戻し、少しずつ添加剤を吸引させる。
と言っても、あっと言う間に吸引される(吸引完了は、缶が軽くなったこと、そして缶を振っても空であることから判断する)。
吸引されたら、ホースをエアコンシステムから撤去して、作業完了。

さて、効果の程は?

コレはいい!

紹介してくれた友人は、添加直後から効果を即体感できたと言っていたが(その友人の車は、排気量2Lの新車)。
本当に、即、体感できる。

まず、エアコンコンプレッサの動作音が静か/滑らかになる(これは、観察していた人でないと、分からないと思うが)。
そして、エアコン全開にもかかわらず、発進・加速が軽い。エアコンのコンプレッサが動作しているかどうか分かりにくくなったといえば、分かっていただけるだろうか。
過去は、パーキングブレーキを引いたまま発進してしまったか?と勘違いするほどコンプレッサの動作負荷が重かった。
しかし、WAKO's パワーエアコン(PAC)を添加してからは、重さをほとんど感じなくなった。

エアコンの効きについては、なんら変わらないだろうと思っていたが。
絶対的な効きは変わらない(不足したフロンガスを追加した分ぐらいは、効きが回復すると思う)が、真夏の炎天下に停めておいた状態からのエアコンの効き(立ち上がり)が、早い。
噴出し口に手のひらをかざすと、体感できるほど。

アイドリング時も、エンジンの回転は滑らか。以前ほど、コンプレッサの作動負荷によるエンジン回転むらを感じにくくなった。

燃費への効果は不明だが(その分、アクセルを踏んでしまいそう^^;)。
悪くなることはなさそう。

エアコンシステムに異常がないにもかかわらず、エアコンの効き改善やコンプレッサの作動負荷を軽減したいならば、コレは良いと思う(効果を体感できなかった場合は、ゴメンなさい^^;)。





テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

13年目の車検受検(96850km)


神戸運輸監理部 兵庫陸運部にて

ついにこの日はやってきた、と言うほど、大げさなものではないのだが^^;
事前に継続検査受検の手配は行ってあるし、整備はしたし。
後は、ヘッドライトの光軸ぐらいなものだ(近年、HID等の明るいヘッドライトが増加したために、軸ズレには厳しい)。

まずは、兵庫陸運部の裏側(南側)にあるテスター屋さん神戸テスターに行く。
光軸調整のみをお願いすると、即調整してくれる。価格も良心的で、左右合わせて1000円。

そのまま兵庫陸運部まで行き、受検手続き。
必要な書類は、以下の通り(例年と変わらない)。

1.自動車検査証
2.継続検査申請書(OCRシート専用3号様式)
3.自動車税納税証明書
4.自動車損害賠償責任保険証明書
5.点検整備記録簿
6.自動車検査票(普通車1800円)
 正確には、国の手数料印紙400円+自動車検査独立行政法人の審査手数料証紙1400円。
7.自動車重量税納付書(重量税印紙を貼付して納付)

例年と変わらないと書いたものの、手数料が増額されている。
また、排気ガステストの際、昭和53年排ガス規制に適合した車種でも、車種選択ボタンを押す必要が生じるようになった。

事務手続きは、書類が揃っておれば問題ない。見本もあるので、間違えないように。
事務手続きを済ませたら、早速、検査ラインへGo!

毎度のことだが、目視による外見検査に始まり、車体、エンジン型式のチェック、灯火類の機能検査、ワイパーやホーンの動作チェック、ホイールボルトの緩みチェックから。
マフラーを自動車メーカ純正品以外のモノに交換してある場合や、ウィンドウに黒フィルムを貼ってある場合は、別ラインにて適合検査をするようだ(GALANT's Cafe号は該当しない)。
当たり前のことだが、なんら問題なし。

ここからは、各陸運部のラインによって、検査順序が異なる。
兵庫陸運部、1番ラインのマルチテスターの場合、サイドスリップ、ヘッドライト光軸、スピードメータ、F・R・パーキングのブレーキテストの順で進む。
次に、下回りからの目視検査、最後が排気ガスだ。

今回も、なんら問題となる箇所はなく、あっと言う間に検査終了。
窓口にすべての検査に合格した記録紙と必要書類を提出すると、新しい自動車検査証とウィンドウに貼り付けるシールが発行される。
これらを受け取り、ウィンドウに新しいシールを貼って、13年目の車検、無事終了(当たり前なんだけど)。

再び、公道を2年間走る権利を取得した。





テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。