スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カーナビアンテナ換装 原田工業 電波職人 PALUSE-I装着

半年以上使用したカーナビ。基本機能に不満はないのだが、VICSの情報収集能力が悪い。郊外に行ったときなど、まったく入らなくなくなるのだ。
カーナビメーカは異なるが、友人の車では問題なくVICS情報が入っているのに、自分のカーナビでは入らない場所が多い。やはりアンテナが問題なのか?

いろいろ調べた結果、
・カーナビ付属のアンテナは、TVとFM共用アンテナのため、FM-VICS受信感度がよくない。(TV受信感度もよくない模様)
・本来車外につける付属アンテナを、車内に取り付けていることに無理がある。(^^;
・アンテナブースタをつけると、感度が改善される。(が、ノイズも増幅されるけど)
さらに致命的だったのが、
・サーキット走行で、リヤトレイに取り付けていたアンテナが、外れかけた!(危険)
うーん、いい方法だと思ったのだけど、無理があるようだ。危険なので、変えましょう。

TVを見ることはほとんどないので、FV-VICS専用アンテナを買おうかと思った。単純なロッドタイプなら3000円程度だし。
だが、外に取り付くのはいやだなぁ。
isには、FMアンテナブースタがついている。ここから分岐させてFM-VICSに入れれば、まったく問題なしである。が、ピラーをばらして、アンテナブースタを見たら...
コネクターが特殊(に見える)な上、細い同軸ケーブルが必要。これまた、入手困難(ぽい。(^^;)

あーだ、こーだと考えた結果、え~ぃめんどぉだぁ~(爆)
気が付くと、ネット通販で、原田工業のPALUSE-Iを購入していた。(約18000円)
安くはないのだが、
・メーカ宣伝文句を信ずるならば、カーナビ純正アンテナより平均8~12dB感度がよい。
#ブースタなし純正ロッドアンテナとブースタ付きフィルムアンテナを比較するのは妥当な比較かな?と思うが。(^^;
・メーカ宣伝文句を信ずるならば、アンテナ指向性はないらしい。
・フィルムなので、ガラスに装着するだけで、美観を損なわない。
・フィルムタイプのアンテナなので、重量の影響による外れを心配する必要がない。(ブースタは固定するが)
というメリットを考えて、リヤウィンドウ用ではなく、リヤサイドウィンドウ用を購入。
これは、リヤウィンドウに熱線とFM&AMアンテナが装着されているのを避けるために、サイドウィンドウ用にしたのだ。

さてモノが届く。

開けてみると、フィルムアンテナとブースタを繋ぐ線が、非常に短いことがわかる。をぃをぃ。
当初は、リヤサイドウィンドウにCピラーと平行に取り付けようと考えていたのだ。しかしisのリヤサイドウィンドウは、Bピラーを軸として、外に開く構造。
つまりCピラー側はそれなりに開くので、フィルムアンテナへの線に余裕がないと、リヤサイドウィンドウが開かなくなってしまう。
またこの線、ボディにアースするように書いてある。???そうかぁ!ガラスにフィルムアンテナを張るわけだから、意識的にアースを取らないとアンテナの役目をなさなくなってしまう。
さらに極めつけの説明書きが。「このアース線は、絶対に延長しないでください。性能が著しく低下することがあります。」
伸ばすときっと、アンテナの一部になってしまい、計算されたアンテナの長さにならなくなるんだろうな...(アンテナの長さは、受信電波波長の1/(2のn乗)の長さが望ましい)
どうします?

ふと考えた。ぢゃ、Bピラー真横に平行にアンテナを設置すれば問題ないじゃん。

まさしくそのとおり。気が付くと、リヤサイドウィンドウ下の内張りを剥がして持っている自分がいた。(爆)

場所が決まると、作業は早い。ガラスをきれいにして、ガラスとフィルムに石鹸水を吹いて、気合一発で位置決め。で、エアが入り込まないように貼り付ける。
お、いい位置に、シートベルトのガイドを取り付けているネジがある。ボディアース出ているから、ここに先ほどのアンテナアースを取り付けちゃえ。
その真下には、アンテナブースタを格納するにはちょうどいい空洞が。ブースタの位置決定。後は、ブースタの電源を設置するだけ。

プラス側は、延長ケーブルを自作しておしまい。マイナス側は...付属のアース線、短いんだよなぁ。もう少し長くしておいてくれれば。
自作しようにも、アース用のギボシがない!買いに行くのも面倒。新たに穴開けるもの面倒。うーん、なんかいい方法ないか?
いろいろ試行錯誤した結果、これまた別のシートベルト取り付けステーに共締め。絡みつく心配はないので問題ないでしょう。
これを左右のリヤに行って(ダイバシティアンテナとなるように、1枚のフィルムに2つのアンテナ、これが2枚)取り付け完了。あとは、カーナビに1本、TVに3本接続。

さて、お楽しみの性能評価。
お、しっかりFM-VICSを受信しているよ。(ここでは純正のアンテナでも受信できたが。)
おや、埼玉県なのに、東京のFM-VICSも受信できるよ。(感度がよくなった!)
あれ?ここって、ちゃんとD-GPS(GPSによる位置決め精度を改善するために、FM局からGPSと同じ類の信号が出ており、この信号を受信すると、D-GPSと表示される)になってる。
#純正ロッドアンテナでは、ほとんどに地域でD-GPSにならなかった。
いろいろなところに行ってみた結果、受信感度が劇的によくなり、VICS情報がどんどん入ってきます。(更新される頻度が多くなった)

現在位置情報は昔から問題なかったので、D-GPSのメリットはわかりませんが、地域が変わると、きちんとFM-VICS局を自動追尾してくれるようになりました。
やはり無線モノは、アンテナが命ですな。
少々お金出しても、いいアンテナを使うべきだと思いました。
#純正アンテナも、使用の仕方がよければ、それなりに性能発揮してくれると思いますが...(^^;
#TVの映りもよくなった...のかな?(日ごろ使ってないので、わからない)





スポンサーサイト

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2001年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。