スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




リヤ タワーバーの装着(87840km)

いつかは装着しようと思っていたリヤ タワーバー。
特に、脚を変えてからというもの、ボディの撚れのようなものを感じることが多くなった。
#少なくとも、GALANT's Cafeには、前車GALANTの方がボディ剛性があったように感じる。

ロールバーを入れると、剛性感が相当アップするよと、仲間からは言われていたが。
さすがに、街乗り車。競技専用車ではないので、そこまでする気にはなれず。

だから、タワーバーなのだが。
鋼一本モノが無い!しかも適価で!
アルミ類等の軽量モノや、マウント部分とバーの部分がネジ装着のものは、効果が疑わしい。
日本車、しかも競技向けならば、いくらでも鋼一本モノがあるのだが。

ある日。
ふらっとウェブサーフィンをしていたら、あった!
しかも、国産車と同等の値段!


コレコレ!鋼一本モノ リヤ タワーバー


厚みのあるマウントとバーをがっちり溶接繋ぎ

さらに言うならば、マウント部分がしならないよう、補強バーや折り返しがあると最高だったのだが^^;
とてもリーズナブルな価格だったので、良しとしよう。
手にしたところで、早速装着!


アッパーマウントは、リヤスピーカの真下!


内装を剥ぐと、こんな感じ

アッパーマウントは、リヤスピーカの真下(スピーカを外す必要がある)。
さらには、内装が。
GALANT's Cafe号は、これまで装着してきたオーリンズダンパーの可変バルブ操作用に、内装に切り欠きを入れてある。タワーバーの装着にも、これを上手に用いよう。

このタワーバー。
一本モノなのはいいことなのだが、上手に作業を行わないと、装着が大変!
無論、左右同時に作業する必要がある。

アッパーマウントのナットを外し、上からタワーバーをかぶせるだけ...理論的にはそのはずなのだが...はまらない!(泣)
左右合計4つあるボルトのうち、3つまでしかはまらない。
ボディが歪んでいるとでも言うのか?

いや、そんなことはなく。
実は、GALANT's Cafe号のアッパーマウントは、純正品ではない。
そのため、アッパーマウント装着部のボルトが長く(このようにタワーバーを装着する時のことを想定して)、その上、厳密には垂直にボルトがボディを貫通せず、真後ろから見るとハの字のように貫通する。
そのため、ほんの少しのネジ穴の遊びではボルトが貫通できないのだ。

さぁ、どうする?

いや、簡単で。
ダンパーをボディから抜けば良いのだ^^

もっと言えば、このまま片側のみジャッキアップすれば、ダンパー(アッパーマウント)が抜ける。
それからボディにタワーバーを重ねてから、再度ダンパー(アッパーマウント)を装着すれば、なんら問題なし。



そんなこんなで、無事に装着されたリヤ タワーバー

後は、組み戻すだけ。
だが、その際に、内装を上手に処理する必要がある。
やはり、街乗り車である以上、目立たないように加工したい。
ほんの少しばかり、切り欠きを増やして、



無事装着された、リヤ タワーバー

無事、取り付いた。

思ったより、トランク内でも障害物になることは無さそう。
箱物を積載する際には障害物になるだろうが、それは止むを得まい。

さて、早速、試走してみる。

交差点を曲がってみる。
おっ?ボディがしっかりしている?(気のせいか?^^;)

しばらく乗っていたら、もう分からなくなってしまった^^;;;
が、リヤサスの動き(特に突き上げ方向)に対しては、ダンパーがよく働くようになり、明らかに乗り心地が改善された。
特に、波うねる道を駆け抜けた際に、差を体感する。

本格的な効果は、サーキットを攻めた際にしか分からないかもしれないが、街乗りとしては乗り心地の向上が嬉しい。

関連記事




テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。