スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




エアフロ交換(95350km)

先日、清掃し、好調になったかと思われたエアフロだったのだが。
やはり、アイドリング時にとんでもないと思われるようなエアフロ使用率を示す。
そして、同時にアイドリング不調を起こしているので、やはり、エアフロ信号が怪しい。
やはり、エアフロの故障か(泣)

古くなると、センサ類は必ず不調になる。
止むを得ないのだが。

だが、しかしだ!
1個8万円!もするセンサを、おいそれと簡単に交換することは出来ない。
じゃぁ、診断機を持っているか?と問われれば、そんなものは、プライベータのGALANT's Cafeの手元にあるわけがない^^;

困ったときのオークション...
ぽちっとな。


今まで使用してきたエアフロに加えて、2個入手!

あらま、びっくり。
近所のDIY店で4Lのエンジンオイルも買えないような金額で、2個入手してしまった^^;

実動車から外しました...などと書いてあったものの、どう見ても、修理交換したお古。
つまりは、ジャンクってことだ。
2個あるのは、2個使う車種から外したものらしいから。
どっちか1個、生きているといいな。

とりあえず、清掃して、普通の電気テスタでチェック。
問題は無さそう。

1個選んで、交換してみる。エンジン始動すると...いい感じ。
そのまま試走に出てみた。
いいフィールだと思ったのもつかの間。なんと、3km程度も走行しないうちに、エアフロ使用率が0%を示すではないか!(泣)
それでも、一応、走行できるのは、ECUに組み込まれたフェールセーフプログラムのおかげ(スロットル開度制御もどきになるのだろう)。

最初は接触不良か?と思い、配線を見直したのだが、何処もおかしくない。
そうこうしているうちに、直ってしまった。
気を良くしてテストを続けると...再発(泣)

このエアフロは、ハズレだった模様。やはり、ジャンクだな^^;
#おそらく、エアフロ内部の基盤か、半田接合部等にクラックがあるのだろう。

もう一つのエアフロに交換。

こちらも、装着後、直ぐ試走に出た。
走行フィールは良い。
エアフロ使用率も、妥当な値だ。
若干、アイドリング時のエアフロ使用率がぶれ続けるのが気になるが。
この辺りは、エンジンオイルやプラグ劣化の影響もあるのだろう。
50kmほど走行した限り、問題は無さそう。
ただ、定速走行時に、瞬間的にエアフロ使用率が跳ね上がり、燃調が狂うときがあった。
このエアフロも、怪しい...(- -;

今まで使用してきたものよりは、比較的、動作が安定しているようなのでしばし様子を見よう。

が、やはり、センサは新品を選択するに限る!(- -;

関連記事




テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。