スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




天井内張りの補修(87570km)

E36型のウィークポイントと言っても過言ではない内装の剥がれ。
GALANT's Cafe号も、数年前よりドア内張りが剥がれだした。
そして。
この夏、天井内張りまで剥がれだしたよ...(泣)


助手席側


運転席側(いっそのこと、剥いでみた)

もぉ...こんなボロ車、捨てる!?(- -#

前車GALANTは、車齢12年を超えても、内装には一切不具合が生じなかった(厳密には生じたが^^;)。
それよりも年式が新しいisにも関わらず、内装に不具合が出るとは、涼しいドイツの気候を中心に設計したからなのか、材質が悪いのか、それともリサイクルのしやすさに重きを置きすぎたのか。
まぁ、内装が剥がれる不具合は、欧州車によく見られるトラブルではあるが。

根本解決には、自動車内装屋さんにて張替えを行うか、新品部品に交換するか、どちらかしかない。

前者は、内装色は元より、材質も自由に選べるし、比較的安く済む(と聞いている)。また、経験豊かな内装屋さんであれば、さまざまなアドバイスを受けることもできるし、職人技でさまざまな工夫もして貰える。欠点は、修理時間がかかることか?
後者は、純正部品として交換するだけであるから、比較的早く直る。
が、設計や材質に変更が無い限り、遅かれ早かれ、同じ問題が生じるだろう。

個人的には、この純正部品の仕様からみて、前者を選びたいところ。

【追記】読者の方より、「天井内張り、BMW純正部品で35,000円程度です」とのご案内を頂きました。
部品代だけならば、張替えよりも安いかもしれませんね。
再発することを恐れないならば、部品交換の方がいいかもなー(悩)
#とりあえず、暑い季節の作業は脱水症状を起こしかねないので、しばらく様子見です^^;

【さらに追記】別の読者の方より、「私も天井内張りを部品として取り寄せ、自力交換(しかもこの8月に!(@@))しました」というご紹介を頂きました。
いや、この方の場合、ベージュ!の内装だそうで、本国オーダになってしまったとか。
よくある(GALANT's Cafe号もそうですが)グレーや黒の内装ならば、国内取り置きがあるそうです。
「交換後は、新車のようです^^」とのこと。
綺麗な内装は、いいね!
こうなったら、GALANT's CafeもDIYで部品交換するしかないでしょうか?^^;

が。
E36型クーペの場合、天井内張りを剥がすには、前面ガラスを外さねばならないようだ(内張りが取り出せない)。
E36型でも、4ドアセダンならば、ガラスを取り外さなくても、なんとか交換できるようだが。


【追記】先ほどの読者の方より、「天井内張りを交換の際、クーペはガラスを外さずに交換可能。セダンはガラスを外す必要がある。」との経験談を頂きました。
どうやら、GALANT's Cafeの記憶違いのようです^^;
お詫びして、訂正させていただきますm(_ _)m

【さらに追記】先ほどの別の読者の方より、「セダンでも、ガラスを外すことなく交換可能ですよ」との経験談を頂きました。
GALANT's Cafeが、どこかで、「E36はガラスを外す必要がある」と聞いた記憶があったのですが。
どうやら、外す必要なく、交換可能なようです^^v
こちらも、お詫びして、訂正させていただきますm(_ _)m

そんなこんなで。
とりあえず、GALANT's Cafe個人の補修にて、様子を見ることにした。
#本気で、内装総張替えをしよっかな...
#メカには、あまり不具合が生じていないからなぁ...(本当は、細かいところには、あちこち不具合が生じている^^;)

早速、補修に取り掛かろう。


宅内内装用接着剤と圧着ローラ

用意したものは、宅内内装用接着剤と壁紙を綺麗に貼るための圧着ローラ。
速乾性かつ仕上がりが透明とうたっている接着剤なので、特殊なのか?と思ったら。木工用ボンドっぽい。
ただ、細いノズルが付いているので、天井に向けて、下から上に塗りつけ易かった。


接着後の様子(接着剤の跡が(泣)) 助手席側


運転席側


普通に着座すれば、目立たない? 助手席側


運転席側

補修作業は、なんてことはない。
剥がれかけた内装を、より広めに丁寧に剥がし、先ほどの接着剤をたっぷりと塗る。
(注)GALANT's Cafeは、はみ出すことを恐れて、接着剤の量を少なめにした。
これが、隅まで接着剤が行き渡らぬ結果になってしまった...(泣)

接着剤を塗ったら、ファブリックの上からローラで押し付ける!
が。
材質がビニールレザーではなくファブリックであったため、表皮に染み出してしまった。
おまけに、天井内張りの縁は、ローラでは押し付けられない。
やはり、指先で丁寧に貼り付ける必要がある。

そんなこんなで、一日放置すると...

接着剤の滲みが(泣)

かなり目立つ...
やっぱ、ダメか。
宅内内装用接着剤なんかよりも、布用接着剤の方がよかったのかも。

幸いだったのは、普通の着座姿勢では一切見えず。
ウィンドウ外側からも、ガラスの着色部分でよく見えない。

天井内張りの剥がれによる垂れを解消できたという点では成功だったのだけど...
やっぱ、本職に張り替えてもらうしかないか...

関連記事




テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。