スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




バックランプスイッチ交換、クラッチレリーズシリンダ分解整備とレリーズホースの交換(100750km)

長年気になっていたもの、この2つ。

バックランプは、問題なく点灯するのだが。
トランスミッションに刺さっているバックランプスイッチ近辺からのオイル漏れが激しくなってきた。
バックランプスイッチが緩んでいるわけではないのだが、スイッチのネジ部とスイッチ部を繋いでいる樹脂部分が劣化し、トランスミッション内の圧力が増すとオイルが噴出してしまうようなのだ。
こうなると、スイッチを交換するしかない。


バックランプスイッチ周りのオイル漏れの様子

交換は、簡単だ。
スイッチに繋がっているケーブルのコネクタを、ピンを押しながらスイッチより抜く。
次に、スイッチをメガネレンチでボルトを緩める要領で回すのみ。


外れたスイッチ(左)と新品のスイッチ(右)

新旧スイッチ、大差は無いのだが、若干の形状が異なる。
古いスイッチは、コネクタ部分の樹脂にクラックが入り、トランスミッション側からオイルが噴出していたようだ。
こんな症状が生じ始めることが、車の寿命を迎えている証拠だろうか?^^;

装着は、取り外しの逆をやるだけだ。
あっと言う間に完了


もう一つは、その隣に見える、クラッチレリーズシリンダとそのホース。
どちらも、14年以上、無交換で使われてきた。
今も、不具合は無いが、この部分の損傷は、ある日突然に来る。
そして、この部分が損傷すると、クラッチ操作が一切不能になる。つまり、発進不可能やシフト操作が困難になり、最悪の場合、トランスミッションの損傷になりかねない。

これらの部品は、そう高くは無いのだが、車の下に潜って作業しなければならない上に、クラッチラインに入ってしまったエアがなかなか抜けないのだ。
それで、伸ばし伸ばしにしていたのだが...

この際、オーバホールを敢行だ!


取り外されたレリーズシリンダ


損壊寸前のピストン固定皿バネ

作業は、決して難しくない。

まずは、クラッチレリーズに繋がったレリーズホースを外そう。13mmのフレアナットレンチが必要だ。
ライン側のホースナットを緩めたら、車上でレリーズシリンダからホースを回し、取り外しやすいようにしておくと良い。

次に、シリンダからトランスミッションに刺さっているボルト2本をはずす。
クラッチを操作しているフォークレバーとこのシリンダは、ただ単に接触しているだけだ。油圧作動ゆえ、位置調整も何もない。

無事に取り外せると、左上の写真のようになる。
GALANT's Cafeの場合、よく観察すると、シリンダからピストンが抜けないように固定しているピストン固定皿バネの一部が破損していた。これが損傷したところで、ピストンは抜けない(クラッチフォークレバーとシリンダで挟まれているため)が、もう寿命であったことが分かる。


分解されたロッド部分


シリンダ&ピストン側

次に、シリンダ部分を分解する。
この損壊しているピストン固定皿バネを外さなければならないが、これはマイナスドライバのようなもので、こじってやるだけで外れる。
これが外れると、上記の写真2枚のように、ロッド部分とシリンダ&ピストン側に分かれる。
ロッド部分には大きな問題は見られなかった。シリンダ側は若干の汚れと軽い錆が、ピストンはゴムで出来たピストンリングにヤセがみられた。

シリンダ以外は、再利用しない。
シリンダを清掃し後、汚れ落としをかねて、1000番程度のペーパで内部を軽く磨いておく。
ブレーキキャリパ等と同じで、即、錆びるので、ブレーキフルードを満たしておく。

組み上げ方は、分解した際の順序どおりにするだけ。
注意するとしたら、シリンダにピストンを挿入する際に、ピストン側にもブレーキフルードを塗っておくことと、ロッド部分の組み方を間違えないこと、特に皿バネの向きを間違えないこと。皿バネをシリンダに挿入する際には、均等に入るよう、少し大きめのソケットなどを用いて押し込むこと。


完成したシリンダ部

シリンダ部が完成したら、あとは車上に戻すだけ。
ロッドの先端にグリースを塗っておくことをお忘れなく(クラッチフォークレバーと接する部分)。
組み付けは簡単だが、エア抜きが大変だ。
車上に戻す前に、シリンダ内部にフルードを満たし、軽くエア抜きをしておくと、エア抜き作業が楽になる。
ブレーキキャリパと異なり、ピストンの移動量が多いこと、エア抜きバルブ位置がイマイチ悪い、さらにホースは上から真っ直ぐ降りてくる(=エアがホース上部に溜まりやすい)など。
なかなか抜けないので、何度もエア抜き作業を繰り返す必要がある。
クラッチの切れ不良がなければ(無論、クラッチそのものに問題が無いことが前提)、作業は完了だ。

関連記事




テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。