スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




エンジンオイル・MTオイル・デフオイル交換(70600km)

オイル類の定期交換。前回の交換から、9ヶ月と7000km(ミッションオイルは、1年9ヶ月と19000km)
えぇ~っ!全然変えてないじゃん!と思われるかもしれませんが、ちょっと実験していたのですな。オイルの耐久性を。
前回、エンジンオイルにモチュールを使ってから、オイルに対する考え方が変わった。耐久性のよいオイルは存在する!
オイルなんぞ、どんないいオイルでも半年が限度と思っていたのだが、モチュールは余裕で半年を越えられる耐久性を持っているようだ。半年間使用後でも、アイドリング時の劣化も感じられなかったし、サーキットで何度も!ぶん回したが、熱ダレするような気配もなかった。恐るべし、モチュール。やはり高級オイル(エステルベースだから?)は、いいのか?!
ミッションオイルのオメガ690Fもそうだ。全然へたらない。冷間時のギヤの入りの悪さはどうしようもないが(ATF指定のMTだし)、温まってしまうと、いいフィーリングでギヤがスコスコ入る。どこまで使えるのか試していたが、さすがに気持ち悪くなったので交換。
デフオイルは、RED LINEの競技用だが、これはなんとも言えない。デフの効きはいいのだが、いかんせん、バキバキ音を立て過ぎる。日常使用には向かないね。

ということで、デフから交換。結局、買いだめしているRED LINE 100% SYNTHETIC OIL 75W140NS GEAR OIL GL-5+を使用(^^;
街乗りでバキバキ音を立てるのだが、デフの効きはいい。LSDの寿命が短くなるのかもしれないが...まぁ、いいや!(買い置きがもったいない(^^;)
いつものように抜いて、新油を入れるだけ。おしまい。

次。ミッションオイル。2万km近く使ったオメガはどうなのか?
ドレーンボルトを開けたら、じゃばじゃばっと出てきた。少し粘性が落ちたようだ。が、使えなさそうなことはない。今までも、街乗りで問題なかったものな。
が、気になっていることがあった。それは、ギヤの磨耗。
度重なるジムカーナの練習会で、何度、ギヤ鳴りをさせたことか!回数なんぞ、覚えていない。絶対に、金属紛が大量発生しているだろうな。
外したドレーンボルトを見ると...ひょえぇぇ...



ドレーンボルト内側に溜まった金属紛

なんてこったい!大量の金属紛が、ドレーンボルト内側に体積している。
そして廃油受けにも...
あぁぁ...ミッションが壊れるぅ~おそらくこの金属紛は、オイルのせいではなくて、乗り方の問題だと思う。それも街乗りではなく(街乗りでギヤ鳴りさせることはほとんどないので)、ジムカーナの練習の際に違いない。
うーん、乗り方を考えなくては。
ドレーンボルトを綺麗にした後、いつものようにオメガ690F 80W-90を注入。

エンジンオイル。抜いたモチュールには、まだ粘性がある。
が、9ヶ月も使うと、さすがにエンジンの回転フィールに滑らかさがなく、高速走行時の加速感が弱い。好調な時のモチュールに比べ、エンジンが回りたがらないのだ。
しかし、9ヶ月間近く、それも度重なるサーキット走行の末だ。驚くべき耐久性だ。一般の使い方なら、本当に1年間使えるかもしれない。モチュールは素晴らしい。さすがに300Vコンペティションは15W-50なので、硬すぎる感じもしたが。
高価格だが、次回も使ってみようと思わせるオイルだった。
今回は、これまた買い置きのカストロールRSとモービルF1のちゃんぽん。
これらだって、悪くはない。が、さすがにモチュールを相手にするには分が悪いか?どこでも容易に手に入ることと、それなりの性能と耐久性を持っているので、街乗りや軽易なサーキット走行などにはいいと思う。

関連記事




テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。