スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




バッテリー強化のはずが、純水補充(68150km)

年末に近くなって、寒くなってきたわけですよ。
そうすると、バッテリーって化学反応で動いているわけですから、化学反応が鈍って、起電力が下がるわけですよ。
まして3年も使用したバッテリーだと、セル内部の電極が死にかけてくるわけですよ。
こりゃ、いかんなーと。
無論、新品のバッテリーに交換すればいいんですけどね。使えるものは、死ぬまで使おうと。それが環境に優しいではないかと。(というより、財布に優しい(^^;)

で、考えた。バッテリーの強化じゃ!

バッテリーって、なぜ死ぬか知ってます?単純な説明をすると、バッテリーを構成する電極と電解液が劣化するからなんですけどね。

Pb(正極)+PbO2(負極)+2H2SO4 ←(充電)|(放電)→ 2PbSO4+2H2O

#小文字になってなればならん数字がなってなければ、ごめんなさい。努力はしてみました(^^;

という、反応がバッテリー内部で起きるわけですよ。中学だっけ?習ったでしょ?!
で、ですね、このPbSO4が曲者でして。上記反応の初期段階では、2.1V程度の起電力が発生するんですが、反応が進むと、PbSO4がどんどんできます。で、起電力1.8Vになる前に充電しないと、PbSO4を分解できなくなってしまうと。
#ん?車のバッテリーは12Vだろ?と思われたアナタ。正しいですよ。だからこれを6つ直列繋ぎにして使ってるわけです。
車で使用する場合、エンジン始動中は充電も行われているはずなので、問題ないように思いますよね。
ところがそうは問屋が卸さない。

2H2O → 2H2+O2

という水の電気分解も生じてしまいます。
そのために水が減るんですな(無論、水の蒸発もありますが)。
充電しても分解されずに電極にわずかに残るPbSO4が堆積して、充放電効率が悪くなるとか、電解液が薄くなるということも、充放電効率の悪化の要因になります。

つまり、この充電で分解されないPbSO4を、なんらかの方法で分解すればいいわけですよ!
いろいろな方法があると思うのですが、お手軽な方法でやらないと、バッテリーを新調したほうが安いなんてことになりかねないので(^^;、500円玉1個で買えるPROSTAFF社の電撃丸を購入。


PROSTAFF電撃丸


作業前は12.18V(エンジン始動させない状態)

さて、これが効果あるのか?本当にPbSO4を分解できるのか?
1週間放置し、エンジンを始動させない状態で電圧計測を行うと、12.18V。ちょっと低め(iSの場合、トランク右脇にバッテリーが搭載されています)。
では、電解液の比重も測って見ましょうかと、キャップを開けると、


キャップが黒い(- -;


電解液不足!

ぎゃっ!キャップが黒い!うーん、電解液が相当劣化してきている?(本来は無色透明)
比重計で電解液を吸い上げようとすると...吸えない。比重計がダメなの?んなーことはない。覗き込んで見ると、

電解液が入ってないんですけどー(- -;

なんですと?
バッテリーを強化しましょう、だから化学反応がこーなって、あーなって、なんて、講釈たれる資格ないわけですよ。水入ってないんだもん>じぶん(- -;;;
おかしいなぁ?過去にも確認してたはずなんだけど...前回確認したのはいつだっけ?(- -;
もう、話にならん!>じぶん
幸いだったのは、電極が浸るぐらいの電解液は入ってたこと。(電極が空気中に露出すると空気酸化してしまい、ダメになってしまいます)
なんとか電解液を吸い上げて比重を測って見ると、どのセルも1.27。標準は1.28。少し軽い。きちんと充電されて、電解液が元に戻っていない模様。
#正確には気温20度を基準にして測定するので、補正しなきゃならんのですが...いい方に行かないことだけは間違いなし(- -;
極端には劣化してない模様ですが、電解液に不純物?が浮いてるし。そろそろやばそう。

ということで、急遽お買物。


1Lの純水


純水補充しますた!(なぜに2ch風?(^^;)

そういえば、ここ数年、純水なんか買ったことなかったな。前車MXは、完全密閉バッテリーを使用していたので、補水できない構造だったし、今のバッテリーも補水する必要がなかった。いままでは...(少なくとも確認していたときは)
店頭に行くと、2Lの純水なんて売ってる!飲料水ぢゃないんですよ。2Lの純水なんて、バッテリーに入るの???
よく考えたら、最近、どんどんバッテリーが大型化してるわけですよね。24V車なんかだとバッテリー2つ積んでる。高級車なんかだと、電気装備いっぱい、バッテリー2個並列で搭載してたりする。それを考慮すると2Lでもいいのかもしれない。
と思いつつ、うちのiSには、どー考えても2Lは入らんだろうと、1Lの純水ボトルを購入。でも絶対、たくさんあまるよ...
ということで早速、補水。
そうしたら...
100ccしか残らない!900cc入りましたと(^^;;;
バッテリー管理がなってないじゃん>じぶん(- -;
(注):寿命が終わりに近づくと、充電しても電気分解されないPbSO4が増え、その代わりに水の電気分解が盛んに生じるために、急速に水が減る傾向が見られます。今回が、それに該当するのかどうかは、過去の減り具合を正確に把握していなかったので、判別不能!(- -;
あわせて、電撃丸を各セルに1個ずつ投入。
その後、走り回って帰宅。

1週間放置。(乗ってないだけともいう)
さぁお楽しみの電圧は...11.92V。
逆に下がってるじゃん?だめじゃん?
より寒くなって起電力が下がっているのか、充電が不足してるのか、それともバッテリーが劣化しすぎたのか?電撃丸はまったく効果がないのか?
しばらく様子を見てみましょう。

関連記事




テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。