スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




エンジンオイル・オイルフィルタ・デフオイル・パワステオイル交換・エアフィルタ清掃(63666km)

一定距離を走ったことによるオイル交換。今回は7000km近く使用した。



今回使用したRED LINE LSD OILとモチュール300Vコンペティション

今回は、RED LINE 100% SYNTHETIC OIL 75W140NS GEAR OIL GL-5+を使用。
並行輸入モノだが、1クォート(0.946L)1600円。普通のデフオイルと変わらないお値段。
インターネット通販なので、注文も楽だし、買いに行く手間も省ける。その上、RED LINEなら、目的に応じてLSDオイルを選ぶことができる。
今回はLSDの効きを重視して、このオイルをチョイス。
試走した感じでは、「LSDの効きがはっきりする!」
が、LSD作動音もめちゃめちゃはっきりした。(普通の方にはお勧めできないなぁ...競技系の方なら、いいと思うけど)(^^;

次。エンジンオイル。
今回はGALANT's Cafe初まって以来の、高級エンジンオイルを使用。その名も「モチュール300Vコンペティション」
奥さん、あのルイス・ビィトンのバックに匹敵するという高級エンジンオイルですよー(んな、アホな(^^;)
#彼女・奥様に問い詰められて困った方は、そう答えてみましょう。その結果については、当方、責任をもちません。(爆)

いや、なんで、こんなオイルを使用したのか?
「ホンマに、高級オイルは、ええんかい?!」と、小一時間問い詰めたかったんですなー(だれに?)
カストロールのRSに飽きたとも言えなくはない。が、それよりなにより。カストロールのRSが高くなったんぢゃー!
安売り店でも、4L 5980円とかですよ。4000円以下で売っているなんて、めったにみない。昔はよくあったのに(- -#)
1L 1000円で買えるからカストロールのRSはよかったのだ。それが6000円近くもするなんて。(- -#)

しぶしぶ入れようか?と思っていたら、4L 4000円でカストロールRSが売られていた。買いだ!と買ったのだが、その直後に、モチュール300Vコンペティション4L 6000円というのを見つけてしまったのだ。(正規品は4L 12000円!)
奥さん、あのモチュールが半額ですのよ。50%OFFですのよ。と買いに行ったわけではないが(爆)、あのモチュールが6000円、これなら、ちょっと高いカストロールRSとして使ってもいいか?と思わせる金額である。本当に、高級オイルは、違うのだろうか?
モチュールといえば、エステルを主成分としたエンジンオイルで有名である。(であるが、なぜエステルがいいのか、私には、未だ、理解できない(^^;)
耐熱特性にすぐれ、サーキット走行を続けても、熱ダレしにくいという。その上、レスポンスもいいらしい。
そんなに皆が言うなら、1回試してみるか?
となって、インターネット通販で購入したのだ。
ただし、だ。今回買ったのは、並行輸入モノ。モチュールには、アメリカ向け、ヨーロッパ向け、日本向けの3つがあるらしい。
何が違うのか?と言うと、耐湿性が大きく違うらしい。
そのせいか、「本品は、日本国内では保証対象外です」と書いてある。(爆)
まぁ、いいじゃん。どうせ、消耗するんだし。ほんまにええんか、検証してみるだけやし。

今回はエンジンオイルフィルターも、あわせて交換。湿式のエアフィルターも、灯油で洗って、専用オイルを塗って作業完了。
モチュール300Vは、エステルを主成分とするせいか、独特の匂いがする。なんとも言えない、甘い香り?!危険な香りだったりして。(爆)

入れ替えて、エンジンを始動してみると...音は静かになった。そりゃ、新しいオイルなんだから当たり前。
ちょっと試走してみたが、カストロールのRSと変わらない感じ。サーキットでぶん回さないと、違いが分からないのか?それとも、私が鈍感?(^^;
ま、いいや。エンジン壊れるわけでもあるまい。

7000km使用した抜いたオイルは、泡立ちもなく、まだ使えそうな感じである。本当に、サービスインジゲータの言うとおり、10000kmは使用できそうである。
さすがに、モータスポーツシーズン開幕とあって、変えちゃったのですけど。

さて、今日の目玉!
パワーステアリングオイルの交換である。
エンジンオイル交換にうるさい人でも、存在を忘れるのがパワーステアリングオイル。自動車メーカも、定期交換を勧めているところは皆無。
確かに循環式で、燃焼するわけでもないので、交換する必要がなさそうなのだが、圧縮による発熱(ボイルシャルルの法則で、モノは圧縮されると発熱する)と、長年の循環のせいで、オイル劣化は激しい。
我が相棒のパワーステアリングオイルも、量こそ減っていないものの、赤いはずのオイルは、ねずみ色になっていた...
ポンプやラック&ピニオンの寿命を伸ばすためにも、パワーステアリングオイルを交換してみた。
今回使用したのは、RED LINE 100% SYNTHETIC OIL POWER STEERING FLUID(5W/20W)GL-4
純正指定はATFだが、今回は専用品を入れてみた。
試走した結果は...わからない!(爆)
劇的にステアリングが軽くなるわけでもなく(少し軽くなったようだ...)、エンジンが軽く吹けあがるわけでもなく(でも低速トルクが増したのか、発進がさらに楽になった?!)、劇的な効果は感じられない。
今までも問題があったわけではないので、当たり前なのかも知れない。しばらく様子を見てみよう。
#ジムカーナのステアリングを切り倒す時が楽になるといいな...(^^;

関連記事




テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。