スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




エンジンオイル交換&エアフィルタ清掃,スタッドレスタイヤ装着(46560km)

エンジンオイルの定期交換。前回交換から4000km程度しか走行していないが、サーキット走行会に使用したまま使いつづけていること、年末年始の実家への往復予定から、交換することにした。

抜いたオイルは、距離相応の汚れ。前回の異常な汚れ方は、オイル銘柄を換えたために生じたのかな?
金属粉が多いわけでもなく、問題なし。新しいオイル(いつものようにカストロールRS)を入れて完了。

エアフィルタも距離相応の汚れ方であり、灯油で洗うと、細かい砂が回収された。オイルを塗って、おしまい。
吸気管内も、エアフロも汚れた形跡はない。ISCとスロットルバルブまわりを、キャブクリーナで念入りに清掃。
きちんと組上げたあと、自作リセットツールでサービスインジゲータをリセットして完成。
エンジン音は小さくなり、車の動きが軽くなった。

この冬は、スキーや冬山に行きたいなぁ。となると欠かせないのがスタッドレスタイヤ。
所沢では氷や雪を見るのはほんのわずか(のはず(^^;;;)。遠出しても、高速などは除雪されていることが多い。
となると、乾燥したアスファルトや濡れたアスファルトでのグリップ力を重視したスタッドレスの方がいいかもしれない。

ということで今回チョイスしたのは、ミシュランDRICEの205/60R15(純正サイズ)。
アスファルトの上でもよいといわれるタイヤだ。
これを古い夏タイヤが履かされていた純正アルミホイールにセット。あわせてエアバルブユニット(虫ゴムだけではない)も交換した。

早速走らせた感想。
「これ、スタッドレスですか?(爆)」
通常、スタッドレスはブロックパターンを採用することが多いので、走ると「ご~」という転がり音がすることが多い。(これは溝の間の空気が圧縮されて、開放されるときに音が出るため)
その音が、まったくしないのだ。いや、下手な快適タイヤより快適!

BMWでは、スタッドレスタイヤ装着時にはタイヤエア圧を上げるよう指定されている。その指定どおりに上げたのだが、快適なのだ。
確かに回転方向は指定されたタイヤだし、タイヤパターンも快適タイヤのよう。
これで雪や氷にもそこそこグリップしてくれれば、言うことないなぁ...

関連記事




テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。