スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




パワーウィンドウ機構のメンテナンス(96900km)

実はこの作業。
とある作業のついでに行ったもの。

挟み込み防止装置が過保護に働いて、たまにウィンドウが上がらないことがあるが。
大きな不具合は生じていない。

ドア内張りは、既にばらされている。
ついでに、ドア内部のメンテナンスもしてしまえ...

と、防水シートを剥すと...(正確には、ブチルゴムの接着が劣化して、自然に剥がれてしまう)


初めてバラしたドア内部

わかっちゃいるけど、やっぱり、ドア内部って、いろんなものが入っているのね^^;

E36型のパワーウィンドウ機構は、ギヤをベースとしたパンタ型式のレギュレタを利用してる。
E46型では、ワイヤ式になるようだ。

行うことは簡単で、目視による劣化・損傷のチェックと、ブレーキクリーナによるレール類の清掃、そして軸やレールへのグリースアップである。


レギュレタ機構


ガラス下部のレール及びスライドピース

劣化具合を観察しながら、どこにグリスアップすべきか、検討しよう。
無論、軸受けや擦れる部分だ。

貧弱と言っても過言ではないレギュレタ機構は、ドアにリベットで止められている。
このリベット止めがボルト止めになっている場合、過去に交換された形跡のようだ。
GALANT's Cafe号の場合、運転席側(左)はリベットのままであったが、助手席側(右)はボルトになっていた。
どおりで、右ウィンドウの方が比較的スムーズに動いていたわけだ(多少の差異だけど)。

観察した限り、GALANT's Cafe号のパワーウィンドウ機構に大きな劣化は認められなかった。
ならば、ブレーキクリーナ等で清掃して、グリースアップするのみ。

レギュレタ部分は、写真の緑の矢印の通り、軸受けとギヤ歯面と横面にグリースアップすれば良い。
ウィンドウ下部やレギュレタの一部として、軸受けに白いプラスチックで出来たスライドピースとレールがある。
ここにも清掃とグリースアップを。


ドア後端に位置するガラスレール

最後に、ドア後端にあるガラスレールの清掃とローラ部分へのグリースアップ。

各部とも、グリースは塗るだけでなく、指で塗りこんでおこう。
その後、ウィンドウの上下を繰り返し、再びグリースアップ。

大したメンテにはならないと思ったが、予想外にウィンドウが滑らかに上下するようになった。
が、挟み込み防止装置の過剰な動作は、センサ類の劣化もあるようで、まだたまに生じている(センサはモータと一体なので、モータごと交換するしか解消方法はないようだ)。
関連記事




テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。