スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ライセンス灯に用いた白色LEDの不点灯

偶然なのだが。
夜間、車から離れることがあって。
と言っても、車の周りを1周しただけなのだが。

あれっ?

ナンバー灯が、点灯していないのと等価なぐらい、暗い。
厳密には点灯しているのだが、あまりにも暗すぎる。
しかも、2個あるうちの2個!とも^^;
下手すれば、整備不良と判定されてしまいかねない。


この白色LED、サンデードライバにも関わらず、2年間耐えられなかった(泣)

寿命が長いと言われるLEDであっても。
初期不良でもない限り、過電圧、過電流、放熱不良の環境下だと、壊れてしまう。
但し、この製品は、車用として販売され、単に電球の置き換えとして用いたのだが。

ルームランプとして利用している同じLEDは、問題が生じていない。
夜間、常時点灯していたこの2個のみ、点灯不良もしくは出力不良のLEDが発生してしまった。
耐久性の乏しいLEDだったのかなぁ?

取り急ぎ、電球に戻す。

取り外したLEDを調べると。
1個のユニットあたり、白LED×3個が直列接続され、その組2個が並列接続(合計6個)されている。
試験点灯してみたら、2個のユニットとも、3個しか光らない。
1個1個調べてみたら、やはり2個壊れている。1個も出力不足。
やはり、安物はダメかぁ...(泣)

関連記事




コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。