スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




エアフロの挙動がおかしい

M44エンジン用エアフロ(ホットフィルム)に換装して、早1.5年ほど。
大きなトラブルも無く、1万km以上走行してきたのだが。
ここ最近、エンジンの不調が散発する。

不調は決まって、アイドリング不安定や、加速不良など。
それも常時ではなく、散発。

最初は、ISC(アイドルスピードコントローラ)の不調かと思ったが。
AFC(サブコン)にてエアフロ信号を見ていると。
アイドリング時(大概2%未満だ)に、一瞬、エアフロ使用率10%を超えるではないか!
いくらISCが吹かしたところで、そんなにエアフロ使用率が上がるものではない。

さらに観察を続けていると。
走行中にも、アクセル一定、走行負荷も変化していないにも関わらず、一瞬、エアフロ使用率が跳ね上がることが。
それどころか。
どんどんエアフロ信号に異常が散発し。
高速道路の継ぎ目で異常値散発。
定速走行エアフロ使用率10%程度だったものが、道路の継ぎ目を通過したショックで、20%超を超えたり。酷いと100%!などという有り得ない値を示す。
信号線の接触不良ならば、低く出るはずなのに。今回の不調は、大概、高めに出る。
そのために燃調が濃くなって、エンジン不調になるようだ。

エアフロが死んだか?(大汗)

関連記事




コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。