スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




再び、左Lo側HID不点灯、および再始動時のアイドリング不調

いつものように、HIDを点灯して。
店に拠る為、駐車場で消灯。
買い物を済ませて、帰宅へ。HIDを再点灯...あれ、左側が点灯しない。(泣)

バラストを換装してから、好調だったのに!
再びバラストが壊れたのか?あの信頼性の高そうな小糸製作所製のバラストが!
と、思いきや。


バーナが破裂してたよ(驚)

なんと!
今回は、バーナが破裂しているではないか!(@@)

左側のみ、破裂。
昔からなんら問題の無い右側は、綺麗そのもの。
どうやら、本当の問題はこのバーナにあって。
不調なバーナが、バラストに不必要に電力を要求したために、余裕のなかった88House製のバラストは壊れてしまったのようなのだ。
今回用いた小糸製作所製のバラストは。
不点灯対策や保護回路などがしっかりしていたために、バーナ側が耐え切れなくなって、爆発したようだ(ネットの世界を見てみると。安物バーナを利用した場合には、多々生じるようである(泣))。

やっぱり、安物はダメだな(泣)

アイドリングの不調は、エアフロ換装時に吸気センサの変わりにダミー抵抗を用いたのだが、実際に吸い込んでいる空気よりも低いために、エンジン始動時に燃調が濃すぎるようなのだ(早い話が、チョークモードだ^^;)。
この濃すぎる燃調が、プラグかぶりを生じさせ、アイドリング不調に陥る模様。
しばらくアクセルを開けてプラグを乾かしてやると、なんら問題がない。
走りそのものは、胸すくものなんだがなぁ...

関連記事




コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。