スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




デフオイル、ブレーキフルード、クラッチフルードの交換、下周り各種点検(110840km)

先日のエンジンオイル交換の際に実施できなかったデフオイルの交換。
車をウマの上に上げたついでに、ブレーキとクラッチフルードも交換する。

デフオイルには、いつもと同じ、WAKO'S RACING GEAR OIL RG 5120 LSDを使用。
が、このオイルが、なかなか手に入らない!(泣)
いや、珍しいものではないと思うのだが。
昨今の市中における自動車への関心が大幅に減少しているのか、近所の自動車用品店に在庫が無い/そもそもデフ用オイルの在庫すらない状態。
一缶買うために、店を6件も回らねばならなかったという事態に。
こんなことなら、インターネット通販で購入しておけばよかった。

ようやく入手できたので、さくっと交換。
抜いたオイルは約1万kmほど用いたものだが。高速道路での利用が主であったためか、さほど汚れておらず。無理すれば、まだ使えただろうな。
やはりというか、交換後の方が、車の動きがなめらか。特に、交差点を曲がる際に差異を感じた。

ブレーキフルード・クラッチフルードには、手持ちのAPロッキード DOT5.1を使用。
こちらの作業も、問題なく完了。

タイヤをはずしたついでに、よく観察する。
タイヤの観察をしばらくしてなかっただけに、磨耗が気になっていたのだが。
前後とも、偏磨耗もなく。相当なネガティブキャンバーがついているはずなんだけど^^;
溝の残りも7mm以上あって、問題なし。
と、思ったら!
右リヤ、ネジが刺さっていた(泣)

しかも、相当な距離を走っていたようで、ネジの頭はまったく残っていない。
これまでに、エア圧管理をずっとしていたが、へんな抜け方はしていなかった。
貫通していないことを祈る!
抜いてみる...大丈夫だった!^^;;;
溝残量があったため、貫通せずに済んだようだ。
やはりタイヤは、車からはずして確認しないといけないね。

下周りもよく確認したが。
トランスミッションからのオイル噴出しも、昨年のバックランプスイッチ交換により激減。
各種ブッシュやダストシール類にも、破れは見られず。

これで、今年も安心して乗れる、ことを祈ろう。

関連記事




テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。