スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブレーキダストの酷いホイールの清掃と装着

ひょんなことから、入手した軽量15inchホイール。
どれぐらい軽いかというと、同じサイズの純正8.5kgに対して、5kg未満!
手で持っただけでも分かります。
これを装着すると、どんな走りになるのか楽しみなのですが...
あまりにもブレーキダストの付着が酷かったのです。


入手してきた軽量ホイール こちらが、今回入手した軽量ホイール、NEEZ社のMS6S(製造は鍛栄社)です。
同じサイズの純正ホイールが1本8.5kgなのに比べ、1本5kg未満です。
軽量ですが、鍛造製造であるため、強度的には問題ないようです。
ちなみに、純正よりもオフセット量が少なく+35mm(純正は+47mm)なので、装着すると24mm程度、トレッドが広がります。



堆積したブレーキダスト(表側) ホイール全面にこびりついてしまっているブレーキダスト。
前オーナは、このホイールで初期のiS_Cupに参加されていたそうです。
しかし、一度も洗わなかったために、ブレーキダストが堆積して固着し、水洗い程度では落ちません。


堆積したブレーキダスト(裏側) 裏側も、ブレーキダストの固着が激しく、水洗い程度では落ちません。
よく見ると、2本はブレーキダストの堆積が酷く、残りの2本はマシです。
おそらく、酷いほうが前輪、マシな方は後輪だったのでしょう。


堆積したブレーキダスト(裏側・拡大) よく見ると、ブレーキダストというより、金属の塊のようです。
おそらく、メタルパッドを使用されていたのでしょう。
パッドのメタル成分やロータの金属屑が付着し、ホイール表面の塗装に刺さり、残ったものが錆びて固着したようです。
私も、ここまで酷いブレーキダストを見たのは、初めてです。


パープルマジック登場 通常は、ホイールのブレーキダストぐらい、中性洗剤で落ちるのですが。
さすがにここまで堆積・固着されると、中性洗剤では無力と思われました。
そこで、初めて買ってみたブレーキダストクリーナCAR MATE社のパープルマジック。
値段も安い割には、よく落ちるとの評判です。
使用上の注意を読むと、ロータや鉄ホイールには塗布するなと書いてあります。
金属に強力に反応するようです。
さっそく試してみましょっか?


ためしに左側に塗布してみたパープルマジック まずは、左側半分に塗布してみました。



ためしに左側に塗布して3分間放置したパープルマジック(拡大) 左側半分に塗布して、3分間放置してみました。
確かに、パープルの名の通り、塗布した液体が紫色になって、金属と反応しているようです。
結構、匂いもきつい...(硫黄系の匂いですねぇ)


3分間の放置後、水洗いしてみた で、3分後に水洗いしてみたのですが...
違いがわかります?
全然おちねーじゃん!(- -#)
ここから、格闘が始ったのです(だったら、こんなホイール買うなよという話もあるのですが)。
事実、仲介してくれたショップの方は「マジで、こんなボロボロのホイール買うの???」って、驚いてましたけど。
少し安かったんだもん...(E36BMWに使えるPCD120mmのホイールは、流通量が少ないのです)


こーなりゃ、中性洗剤でごしごし洗ってやる! 中性洗剤で落ちないだろうと思っていたのですが...
とりあえず、ブラシでごしごしと洗ってみると...


それなりにはブレーキダストが落ちた 結構、落ちるではないですか!
しかし、これが限界でした(X X)


諦めるのはまだ早い! 表側も、同じく中性洗剤で洗ってみたのですが...落ちない!
よく考えてみましょう。
パープルマジックは、化学反応で汚れを落とすわけです。
となると、反応を促進するために、使用量を増やすことと反応を促進するために温度を上げること(当時は真冬でした(^^;)と放置すればいーんです(放置しすぎはダメですよ)
ということで、パープルマジックをたっぷりかけて...


パープルマジック漬け置き洗い(@@) パープルマジックを塗布したなんてかわいいもんではなくて、ホイールに溜まるぐらい、大量にかけてみました。
この状態でしばらく放置すると、固着したブレーキダストが溶けてきました。
さ、これを、ブラシでこすって...


かなりブレーキダストが落ちたホイール(表側) どうです?かなりブレーキダストが落ちたでしょう?
残っているのは、ホイールバラストの両面テープや、バラストが落ちないように貼り付けたガムテープの糊です。
これは、他のもので落とす必要がありますね(- -;


同様に裏側にもたっぷりと塗布して放置 大量にパープルマジックを塗布すれば落ちることが分かったので、裏側にもたっぷり塗布します。
しかしホイールは丸い(当たり前)&寝かすと垂直面になってしまうので、パープルマジックが均一に溜まりません。
大量に塗布後、ホイールをぐるぐる回していくと...


激しい化学反応の後(@@) なんと、反応で浮き上がった金属?がホイール内に溜まりました。
すげー汚れ...


やっと1本完成(表面) やっと綺麗になりました。
完全に落ちたわけではないのですが、使用上、問題ないレベルでしょう。


やっと1本完成(裏側) 裏側は見えないのですが、こんなに綺麗になりました。


結局、1本のホイールに対して、1本のパープルマジックが必要に(- -;;;
通常は4本のホイールに使用して、数回使えるわけですから、ものすごい量を消費しました(- -;;;
ブレーキダストの堆積が軽い2本はこれで十分落ちたのですが、堆積が酷い2本は落ちませんでした。
結局、ホイールの塗装が剥げることを覚悟して、600番の水研ぎペーパで、研いでしまいました。
さすがに、固着したブレーキダストも落ちましたとも。えぇ、まるで墨をするようでした。
細かいところは、ペーパではうまく研げないので、球状の荒砥石をつけたリューターで研いでしまいました(^^;
やはり、ホイールの塗装も剥げてしまいました(泣)
が、塗装がシャンパンゴールドで、地のアルミの色と区別がつき難いことや、走行中には剥げむらが判別できないので、剥げたままでいいことにしました(^^;;;
無論、塗装すれば綺麗になるのですが。
それでは、コストがかかりすぎて、新品を買ったほうが安くなってしまいます。
アルミの地が出ているところは、長時間たつと、腐食する恐れがあるのですが。
その頃には、車そのものが残っているやらどうやら(^^;;;

車に装着 4本とも、それなりに綺麗になった(塗装剥げもありますが)ので、タイヤを組むことに。
元から付いていた軽量合金製エアバルブユニットは、汚れも酷く、ガスケットや中の虫ゴムがボロボロなようなので、タイヤショップにあるゴム製のエアバルブユニットを組んでもらいました(同じバルブユニットの新品は高い&入手が面倒なので)。
見た目がゴムなので、かっこ悪いのかもしれませんが、実用性に問題がないので、これでいいやと(このあたりが、GALANT's Cafe流ですな)。
センターキャップは無かったのですが、日常の使用では、ハブまわりに水が溜まってハブまわりのロータの錆が酷くなる問題が発生。NEEZ社から通販でキャップを取り寄せました。
BMWのプロペラマークがないものでしたが、58mm径の純正BMWホイールキャップシール(あれ、シールなんですよ)を貼っておきました。(ちなみにE36の純正ホイールキャップは62mm径で、このホイールのセンター穴60mmには、装着できませんでした(泣))
さらにタイヤも新品を組もうかと思ったのですが、ホイールの軽量化が走りにどのような影響を及ぼすのか把握したかったことと、今まで履いている夏タイヤ(BS RE-01)を裏組み(左右を入れ替えてホイールに組むこと)すれば使えそうなので、裏組みして再利用しました。


装着して乗ってみたところ、「これが同じ車か?」と(^^;
iSに軽量なタイヤ&ホイールは必須とよく言われますが、これは本当です(分かっていたけど)
まず、乗り心地がいい。路面の段差で、純正ホイールでは「どかん!」と落ちていたところが、「とん!」と軽くなりました。タイヤは、ボロボロのハイグリップタイヤのままなんですが。
でこぼこした路面では、ホイールが軽くなって、脚の動きがよくなったことがよくわかります。
次に、加速や減速が若干よくなりましたね。劇的によくなることはないのですが。エンジンブレーキの効きがよくなったと思える程度と言えば、分かっていただけるでしょうか?
また、ホイールオフセットが少なくなったことによるトレッドの拡大で、中高速コーナの安定性が増しました。これで、筑波サーキットのような中速コーナをより速く走ることが出来、ラップタイムを縮小できそうです。
ちょっとブレーキダストの付着が酷く、洗浄に手間取りましたが、走りに満足行く効果を得ることができました。
#私の好きな6本スタースポークなので、ホイール交換時なんかも持ちやすいし(^^)v

関連記事




テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。