スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




車高調整式サスペンションKit  ビルシュタイン BPSの装着(リヤ編)

これまで使用してきたオーリンズダンパーをオーバーホール・仕様変更して、車高調整式に作り変え、バネの変更・減衰の変更を実現しようとしたのだが。
さまざまな角度から検討した結果、ビルシュタイン社製 BPSを装着するほうが賢明と判断。


kitの中身 早速届いた箱を開けてみると。
中には、スプリングやらダンパーやらでぎっしり。
車高調整式サスペンションだから、フロントダンパーのロアスプリングシートが小さく、すっきりした感じ。

ちなみにこのKitには、アッパーマウントとそのガスケットは含まれていない。


交換前のタイヤハウス内の姿 こちらが、オーリンズダンパーとアイバッハ6気筒モデルのスプリング。
ダンパーは、初期の動作が渋く、突き上げ感があった(古くなったために、ダンパー内部のシリンダグリース(オイルではない)の劣化による伸縮抵抗の増加と、旧式のバルブ、不適切な特性などによる)。
仕様変更すれば、間違いなく生まれ変われるのだが...惜しい!

スプリングは、車高ダウン量はよかったのだが、モータースポーツ走行にはバネレートが不足。



アイバッハスプリング スプリングは、ボディとアッパーアームに挟まれているだけ。
ショックを外し、タイヤレバーなどでアームを延長し、てこの原理でアームを押し下げるだけで取り出すことが出来る(タイヤ交換よりも簡単なぐらいだ)。
#押し下げることで十分な取り出し幅を確保できない場合は、スタビライザーの影響を受けている。
#そのため、左右両側のダンパーを外しておくか、スタビライザーブラケットを外せば、十二分な取り出し幅を確保できるだろう。


ダンパー取り付け部分をタイヤハウス側から見る アッパーマウントに装着されたダンパーは、タイヤハウス側からトランクに突き抜けるように装着されている。
このアッパーマウントを取り外すには、トランク内部の内張りを剥がし、アッパーマウントとボディをはさむナット2個を外すだけ。
ダンパー下部は、アーム1箇所にボルト締め。

一人で作業する場合は、ジャッキなどで支えながら作業すれば、問題なく行うことができる。
#今回は、すべての作業を一人で行った。


アッパーマウントが取り外されたタイヤハウス内部 取り外すと、トランクと筒抜け^^;

#先日、Webの世界をさまよっていたら。
#アメリカでは、10万マイルを走行した車のココ(ボディ側)が割れるようだ。
#それもクラックが入った などという可愛いものではなく、引きちぎられるように割れていた。
#特別硬いショックというわけでもなく、金属疲労のようだった...


ダンパーとスプリングが取り外された脚周り この状態で着地させれば、素晴らしいシャコタンカーになるに違いない^^;


新旧ダンパーの長さ比較 今回装着するビルシュタインのBPSダンパーと、BMW純正と等長のオーリンズダンパーの長さ比較。
全長で2cmほどの違い。
初期のBPSのリヤダンパーは、さらに短く、4cmほど短かったそうだ。
サーキット走行などには最適だったようだが、ストロークが無さ過ぎて乗り心地が悪い、車の落ち着きが減るなどの弊害もあり、現行モデルのように少し伸びたようだ。

オーリンズは倒立式だが、今回用いるビルシュタインは正立式。
リヤはダンパーで荷重を支えるわけではないので、伸縮抵抗が少ない正立式の方がよいかもしれないね。



新旧スプリングの長さ比較 黒いスプリングがアイバッハ、青いスプリングがビルシュタイン(H&R社製との説あり)
線間密着を防ぐ(=ストロークを稼ぐ)べく、たる型になっている(BMW純正も)。
スプリングの巻き間隔(ピッチ)は同じ程度だが、太さが異なる。
実際には、このスプリングに車高調整機構のネジ長が加わる。


アームに装着された車高調整機構 車高調整機構は、BMW純正のスプリングシートを取り払って、ネジ部分をボルトで装着する。
うーん、これでは、アームの中にネジ部分が埋もれてしまい、車高調整できないではないか!

ボディ側に車高調整機構を持ってきてくれれば問題なかったのだが、伸び側に目一杯伸びた際に、スプリングから機構が外れることを恐れたのだろう。

ちなみに今回は、ビルシュタインの調整推奨値の低い側目一杯にセットしてみた。
#機構的には、あと2cmほど下げられる。
#アーム途上に装着されるスプリングゆえ、レバー比(梃子の支点、力点、作用点の間隔比)の影響から、さらに車高的には3cmほど落ちると思う。


装着されたダンパー オーリンズから取り外したピロアッパーマウントを清掃し、点検してみたが、ピロボール(スフェリカルベアリング)には、錆やガタは見られなかった。
#ちなみにこのベアリングはNMB社製の規格品のため、交換可能。
リヤはステアされるわけではないので、負荷が軽いのだろう。

グリースアップして、再利用。
#本来は、テフロンライナーが挿入されているために無潤滑でOKなのだが、錆防止の意味も持たせて、グリースアップしている。

前回はガスケットを準備していなかっため、そのままボディに装着していたのだが、異音が出る場合があったため、今回はBMW純正のガスケットを利用。

BPSのリヤショックダストカバーは下部につくので、こちらは丸見え^^;



リヤサスペンション、完成 そんなこんなで、無事、片側1時間程度で完了した。
反対側も、同じように作業を行う。
#意外や意外、点検や清掃に時間かかるのよ^^;



関連記事




テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。