スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スロットル・ISC(アイドルスピードコントローラ)清掃

現代のガソリンエンジンはFI(燃料噴射制御)である。
エンジン不調の原因になりやすいのが、センサ系の汚損と制御ノードの汚損である。
ここでは、定期的に清掃しておくだけで効果的面な、スロットルの清掃(インマニを含む)とISCの清掃方法をレポートしよう。



M42エンジン、エアフロセンサまわり M42エンジンに採用されているベーンフラップ式のエアフロセンサ。
手前の黒い箱が、エアクリーナケースである。
ヘッドライト裏から吸われたエアは、このエアクリーナケースを通った後、エアフロセンサを通過する。
そして、黒のじゃはらホースを通って、スロットル・インマニへ向かう。


黒いじゃばらホースに繋がるISCに繋がるホース これが、ISCへ繋がるホースである。
右に見える、太い金属配管風なものは、インマニ。すぐ脇にある黒いラインは、スロットルワイヤである。
このインマニの内側に、ISCがある。(写真では見えない)


黒いじゃばらホースを外したスロットルまわり 黒いじゃばらホースを固定しているクランプを緩めると、スロットルから、ホースが外れる。
ISCへと繋がるホースも刺さっているだけなので、手で簡単に外すことができる。
この時、エアフロセンサに繋がっている信号線コネクタ(写真右手前の黒い塊)を外すと、作業しやすい。
エアクリーナケースの蓋を止める4つのクランプをはずし、このコネクタを外すと、エアクリーナケース蓋についたままエアフロセンサが外れる。


エアフィルタとエアクリーナケース蓋についたままのエアフロセンサ 外れたエアフロセンサとエアフィルタ(RAMAIR(湿式タイプ))


今回使用したキャブクリーナ どこの製品でもいいが(落ちる汚れの種類に対して、得手不得手がある)、キャブクリーナを1つ用意しよう。
ムースタイプは壁についた汚れ落しに、液状タイプは細い配管の汚れ落としに最適である。
今回使用したものは、ムースタイプ。


ISCへ繋がるホースへ、キャブクリーナを注入 ISCへ繋がるホースへ、奥深くノズルを差込み(中へ落とさないように!)、キャブクリーナを注入。
ムースタイプならば、溢れるまで注入。しばらく時間を置いて、再注入。



スロットルへ、キャブクリーナを噴射 次に、スロットルへキャブクリーナを噴射。
手で強制的にスロットルを開きながら、噴射してやる必要がある。(写真、手で押さえているところが、スロットル開閉レバー)
M42エンジンの場合、1軸で大きさの異なるスロットル2つを開閉する。当然、両方とも清掃してやる必要がある。
#このスロットルが2つついているのは、低回転の緩慢なアクセルレスポンスを、機械的に実現するために採用されていると思われる。

写真の状態は、前回の清掃より2000km程度経った状態であるが、すでにこんなに汚れていることがわかるであろう。
インマニ奥深くにも、ノズルを差し込んで、キャブクリーナを注入しておこう。セルモータをちょんちょんと始動しながら(エンジン始動しない)注入してやれば、奥深くまで、確実に吸い込まれるであろう。




この後は、ばらしたものを、元通りに組上げる。
汚れたキャブクリーナの液は、燃焼室で燃料といっしょに燃えるので、そのまま組み上げる。
特に、エアフロに繋がるコネクタやISCの配管を忘れやすいので注意!
最初にエンジンを始動するときは、プラグがかぶるので、始動に失敗しやすいが、ちょっと長めにセルモータを回してやれば、エンジンが始動するはずである。
始動しても、かぶり気味で、エンジンストールしやすいので、適度にアクセルをあおってやろう。

関連記事




テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。