スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




デフオイル交換

機械式LSD入りデフは、使用の仕方にもよるが、3000~5000kmごとのオイル交換が望ましい。
デフオイルの交換の仕方を、レポートしよう。



デフケースとオイル注入口・排出口 これが、isに付いているデフ。当然、リヤデフである。(^^;
このデフケースについている大きなネジ(14mmヘキサゴンビットを使用して外す)が、オイル注入口(上)と、オイル排出口(下)である。


狭い作業スペース(デフとスペアタイヤハウス間) これが、以前からお話している、とても狭い作業空間!
この写真では、オイル注入口を外そうとしているのだが、ラチェットの反対側は、トランク下のスペアタイヤハウスである。
いかに隙間がないか、おわかりいただけるだろうか?
#なので、使用するツールは、慎重に選びましょう。(爆)

おっと、言い忘れた。
必ず、オイル注入口のネジが緩んでから、オイル排出口のネジを外そう。
オイルを排出したのに、万が一、オイル注入口のネジが外れなかったら、最悪である。


古いオイル排出 さて、14mmヘキサゴンビットでオイル注入口・排出口を外すと、オイルが出てくる。
廃油受けで受けて、古いデフオイルがすべて抜け出るのを待とう。


今回使用したRED LINE LSD OIL 今回はRED LINE 100% SYNTHETIC OIL 75W140NS GEAR OIL GL-5+を使用。
今まで使用してきたLSDオイルのストックが無くなったため、代わりのオイルを物色していた。
探してみたら、並行輸入モノだとRED LINEだって、1クォート(0.946L)1600円程度。いままでのものと変わらないじゃん。
その上、RED LINEだと、さまざまなLSDオイルが選べる。
今回は、LSDの効果を高め、高い熱安定性を誇り、サーキット走行時やジムカーナ等で威力を十分に発揮するという、このオイルを使用した。
80Wでないため、オイル注入でも柔らかかった。(作業はしやすいよね。)


愛用のオイル注入器 本邦初公開?!愛用のオイル注入器。
1L入るのだが、注入できるのは、作業角度などの影響もあって0.6L程度?



お注射しますぅっ! いつものお決まり、「お注射しますぅっ!」
オイル注入口から溢れるまで、オイルを注入しよう。
おっと忘れた。当然、オイル排出口は閉めておこう。ガスケット(アルミのワッシャ)も忘れることなく。


デフオイル交換完了 オイル注入口のネジを締めれば、作業完了。
仕上げに、漏れたオイルをふき取っておこう。


関連記事




テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。