スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




リヤAPロッキードスリットロータ換装(42900km)

なにをやっても外れなかった純正リヤロータ。本当にどうしようもないので諦めて、修理工場に出すことにした。
今回作業をお願いしたのは、埼玉県川越市の外車専門の修理工場tech1さん。
BMWなんかもたくさん面倒を見ているそうだ。たよりになるね。

作業としては、タイヤをはずし、キャリパーとキャリパーステーをはずし、ロータの固定ネジを取り、ロータを叩いてはずす。
作業内容はわかっているのだが...
とても親切な工場で、作業を見せていただいた。
ロータを叩くのは、やはりハブ面。間違ってもパッドのあたる面を叩いてはいけない。が、ハブ面でも、一番外周に沿った部分を1周順番に叩いていく。
それも力をこめてではなく、リズミカルに均等に。すると...バリン!といういい音がして、ロータが外れた。お~素晴らしい。
伺ったところ、今回のロータはずしは、プロとしては通常のレベルだそうだ。(やはり経験に勝るものなしである。(^^;)

ロータのハブ面には、パーキングブレーキのシューが納まる。そのため、シューとロータのあたり面に軽くペーパをかけてくださった。
あとは、パーキング調整をして組み上げておしまい。
リヤ左右両輪で作業時間1時間。(やはりプロは作業が早い)工賃も7000円とリーズナブル。

換装直後は、パッドがなじんでいないのでイマイチなペダルタッチであったが、100kmも走るとなじんできて、いいペダルタッチ。
ブレーキコントロールもしやすく、効きもよい。
さぁ、サーキットが楽しみだ!
関連記事




テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon人気商品
カテゴリ
Google検索(本サイト内)
カレンダと月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

GALANT's Cafe

Author:GALANT's Cafe
早いもので、E36型318isに乗って、10年になりました。

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。